お問い合わせ・資料請求
イベント

家づくりの豆知識

お家の中の水廻りで、1番こだわりたくなるのは、やっぱりキッチンですよね。

 

キッチンは毎日料理を作る場所だけでなく、家族同士のコミュニケーションの場になったり、友達や来客人を招いた時の交流の場にもなります。

 

もちろん毎日使う場所ですので、見た目のデザインだけでなく、使い勝手の良さや収納の充実さなどにもこだわりを持ちたいものです。

 

そこで今回は、知っているようで意外と知らないキッチンの種類をご紹介したいと思います。

 

さまざまなキッチンの種類を知ることで、『自分の理想』に合ったスタイルが見つかるかもしれません。

 

キッチン選びのご参考になれば幸いです。

 

 

セクショナルキッチンとシステムキッチン

 

まず、キッチンのタイプを大きく分類すると2種類あります。

 

 

1.セクショナルキッチン

セクショナルキッチンとは、作業台や流し台、コンロ台、吊戸棚などの独立したパーツを組み合わせて配置したキッチンのことです。

パーツとパーツの隙間に汚れやホコリが溜まりやすいのがデメリットになりますが、特にコンロなどを取り替える作業では、取り外しがしやすいことがメリットになります。

 

メリット:システムキッチンに比べ、パーツの取り替えがしやすい

デメリット:パーツとパーツの隙間に汚れやホコリが溜まりやすい

 

2.システムキッチン

システムキッチンとは、作業台、流し台、水栓、レンジ台、コンロ、換気扇、収納棚などの複数のパーツを組み合わせ、天板と呼ばれる一枚板をのせて一体化させたキッチンのことです。

一体化されているので隙間も少なく、掃除やお手入れがしやすくなっています。

また、一体型なので統一感があり、スッキリと見映えの良い空間になります。

最近では食器洗浄乾燥機や浄水器を内蔵したシステムキッチンなど、豊富なバリエーションで機能が充実しています。

 

メリット:一体化されているので、掃除やお手入れがしやすい

デメリット:キッチンリフォームの際、セクショナルキッチンに比べ、作業工程が増えるので時間と費用がかかる場合もある

※システムキッチンの参考事例へ