お問い合わせ・資料請求
イベント

家づくりの豆知識

c52ce9660dea9ed850008cfad686840e_l

 

私たちは、玄関ドアの鍵を日常的に何げなく使っていますが、実は一口に鍵といっても種類が豊富にあります。

そこで今回は、お家の玄関に取り付け可能で代表的な鍵の種類についてご紹介したいと思います。

そして、今後の空き巣などの防犯対策としてお役に立てれば幸いです。

 

 

玄関ドアに取り付け可能な鍵の種類

 

e9d8bef9b5d85155bb9ecaff1825d57f_l

1.シリンダー錠

鍵の片方に凸凹があるタイプで、最も馴染みの深い一般的な鍵になります。

最近では、不正にピッキングが行われないように改善されたアンチピッキングのピンシリンダーや、鍵の表面に細かな溝があるディンプルシリンダーが防犯性に優れたタイプと言えます。

残念ですが、どんなに高性能といっても鍵穴が付いていることに変わりはありませんので、確実にピッキングを防止することはできません。

 

防犯性の低いシリンダー錠

↓                ・ディスクシリンダー

↓                ・ロータリーディスクシリンダー

↓                ・単列ピンシリンダー

↓                ・マグネットシリンダー

↓                ・ピンシリンダー(アンチピッキング)

↓                ・ディンプルシリンダー

防犯性の高いシリンダー錠

 

 

 

851570ec89f6f5626cc93cc0b4a6a6f3_l

2.電子錠

シリンダー錠のような鍵穴が装着されておらず、ICカード・指紋や生体識別認証・リモコンタイプのスマートキーで機械のセンサーが感知することで解錠する仕組みです。さらに、それらを組み合わることで防犯性を高めることができます。

取り付け場所は、ガラスの扉・開き戸、引き戸用の扉にも対応していています。

一般家庭よりも、機密の情報管理する会社や金庫がは入った倉庫や社長室などに多く使用されています。

電子錠のデメリットは電力で作動するため、停電の際、しっかり作動するか不安になりますし、メンテナンスが必要になります。

また、設置すためには費用が割高になります。

 

・暗証番号での解錠

・指の指紋・静脈・目の生体認証での解錠

・リモコン&カード方式での解錠

・タッチキーでの解錠

・携帯電話での解錠

 

 

さいごに

シリンダー錠にも、電子錠にも防犯性を上げるためにグレードがいくつもあるので慎重に選んでいきましょう。

空き巣などの防犯性を高めるには鍵だけにこだわらず、家の敷地内に防犯カメラを設置したり、歩くと大きな音がする防犯砂利を敷いたりと、2重、3重のバックアップ体制を心がけることが重要なカギになります。