お問い合わせ・資料請求
イベント

スタッフブログ

DSC_7654

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お家を建てることをご検討中の方で、階段を設置するなら「コレッ!」と具体的に決まっている方は少ないかもしれません…。

もしくは充実させたいメインのフロアのことが1番で通路や階段は最後の後回しに…。

もちろん、優先順位を決めて選択することも大切です。

ですが最後の最後でエンジンが切れてしまって階段の重要性がおろそかになる場合もあります。

階段は、特に小さなお子様や高齢者の方にとって事故の起こりやすい危ない場所となりますので、使いやすさや安全面はしっかりと考慮する必要があります。

そこで今回は、お家を建てる前に知っておきたい!4つの階段の種類についてご紹介したいと思います。

 

 

4つの階段の種類

段板には木材、金属のようないくつかの材質や踊り場の有無によって多種多様な階段が存在しますが、階段には大きく分類すると4種類あります。

 

1.直階段

直階段とは、まっすぐに配列された階段を意味します。

階段スペースを最小限にとどめることができるため、多くの一般住宅で比較的に採用されていれるタイプの階段です。

しかし、例えば1階と2階の高さが広い場合、その分の角度が急になってしまい登り降りが危ないと思われます。

ですので4m以上の階高になる時は踊り場を設けることが建築基準法で義務付けられています。

1階と2階の間などに踊り場があれば、移動する距離も長くなるので、毎日のことを考えると大変かもしれません。

階段を分割したスキップフロアやロフトへつながる小規模な階段として直階段を使用することをお勧めします。

 

2.折り返し階段

くの字にのように階段の中間地点に踊り場が設けられている階段を意味します。

学校の校舎やビルに配置されていることが多く馴染みがある階段だと思います。

踊り場があることで、もしも足を踏み外して転落してしまった場合でも中間地点である踊り場で止まることができ、とても安全性が高い階段です。

コンパクトなスペースで長さはそこまで必要としませんが直階段ほどではありません。

 

3.かね折れ階段

L字のようにタテからヨコへ90度に曲がっている階段を意味します。

緩やかな角度が多い階段が一般的です。

ほとんどの場合、折り返し階段のような中間地点に踊り場が設けられていません。

ですが、折り返し階段と同様に、もしも足を踏み外して転落してしまった場合でも中間地点のL字の分岐点で止まることができ、比較的に安全性が高い階段です。

階段の登り降りで休憩できる踊り場がない場合、高齢者の方にとっては過酷になりうるため、高齢者の方が居住される住宅ではあまりお勧めできません。

 

4.廻り階段

西洋のお城やホテルにあるような、Rの曲線を描いた優雅な階段です。

階段下がオープンになるタイプと壁になるタイプがあります。

スペースが十分にないと設けることは難しいですが、その場合は同じようにRの曲線が続いている、らせん階段が取り入れられることも多いようです。

どちらもオシャレで存在感があり、階段スペースを設けずに吹き抜けのリビングと一体化で設置する住宅も多くなりました。

ただ、西洋のイメージが強いことから基本的には、和風やカントリー調などのテイストを意識した住宅にはミスマッチしてしまうかもしれません。

 

 

さいごに

どの階段にも利点や注意点があるので、それを踏まえた上で検討する必要があります。

そして新しいお家を建てる際や、リフォームを行うときに、1度 階段についても目を向けていただければ幸いです。

CSホームズでは、お悩みの方に、おひとりおひとりにあった一番よい対策プランやアドバイスをいたします。是非、お気軽にご相談ください!

※施工事例へ

 

baby-1266116

 

これからお家を建てようと計画中の方で、子供との暮らしのために、どんな間取りやデザインを選べばいいのか迷ってしまいませんか?

1番の悩みどころは、子供が増えることで家族構成が変わり、子供の成長に合わせて生活のスタイルも大きく変わっていくことだと思います。

10年または20年先のことを考えて間取りやデザインを選ぶことって難しいですよね。

そこで今回は、子供にとって、家族にとっても重要な場所になる子供部屋のありかたについてご紹介したいと思います。

 

 

子供部屋はいつ与えるの?

 

子供がまだ幼い間であれば、ご両親と一緒の寝室で寝ることでしょう。

勉強や遊びも、目を離すと危ないのでリビングやダイニングであれば問題ありません。

ですので子供が幼い間は、ご両親が安心できるまで子供部屋は必要ないと思います。

ちなみに子供部屋を与える時期で最も多いのは、小学校の入学時と小学校の高学年からのようです。

理由は、小学校に入学すると同時に学校の教科書や道具(ランドセルなど)を管理する場所が必要になるからです。

その時に自分専用の学習机があれば自分の部屋としての自覚も生まれます。

そして自分の物は自分の部屋で管理して整とんをする。

それを習慣づけることで自己管理能力も身につきます。

 

また、自立心が芽生える時期が10歳前後の高学年から始まるため、そのタイミングに合わせて自分の部屋を与えるご家庭も多いようです。

もちろんご家庭によっても生活環境は異なりますし、自立心には個人差がありますので、いつ与えるかは本人の意思をできるかぎり尊重して判断することが大切だと思います。

 

DSC_7826

 

 

子供部屋のあり方について

 

子供部屋の役割

子供部屋には、子供にとってさまざまな役割があります。

例えば子供が学校の宿題をする場合、リビングやダイニングのような家族が集まる部屋で勉強をするよりも効率がいいケースがあります。

もちろんリビングやダイニングは、家族の目の届くところでお互いに安心しながら勉強ができるメリットは大きいです。

しかし、家族が別の行動をしている場合(テレビ鑑賞や音楽鑑賞、ゲーム、料理など)では大きな音や匂いで集中力が掻き乱れ効率も落ちてしまいます。

個人差はありますが自分の部屋であれば静かに集中することができます。

他にも、着替える場所としても大きな役割になります。

それは、異性を意識し始める思春期を迎える子供にとって、それが両親であっても着替えを見られることは恥ずかしく思う子供も少なくはありません。

ベッドで寝ることでも同じことが言えます。

両親に守られながら一緒に寝ることをやめて、一人の空間で眠れることは自立心が養われて自分の時間を大切にする意識が芽生えます。

 

子供部屋のNGな間取り

家族の絆や親子のコミュニケーションを深めるためには、お家の間取りやデザインはとても重要なポイントになります。

そして子供部屋の間取りを考える中であまりお勧めできないNGな間取りがあります。

それは、「玄関から入った時に誰に会うこともなく直接部屋に行けてしまう間取り」「扉を閉めると部屋の中にいる様子が何もわからない間取り」です。

どちらにも共通して言えることは、家族とのコミュニケーションが自然にとりにくくなる間取りであるということです。

このように、閉鎖的になりやすい環境は子供を孤立させてしまう恐れがあります。

家族が集まるリビングやダイニングを通過したり隣接された子供部屋は、コミュニケーションが自然にとれて、両親も子供がなにをやっているのか把握しやすくなります。

何かあっても自然に声が掛けやすいですし、子供が友達を連れてきたら自然に家族の前を通るので交友関係も知ることができます。

子供の気持ちを汲みとってプライバシーを守り、コミュニケーションを深めていき、子供を孤立させないことが重要なポイントです。

 

111

 

 

快適な環境を与えることはNG!?

間取りだけでなく環境づくりも大切です。

幼い時期から自由に好きな物をたくさん与えてしまい、子供部屋が快適すぎる環境にすると子供を孤立させてしまう恐れがあります。

特にテレビ・ケータイ・パソコンなどのインターネットを使ったオンラインゲームが子供部屋にあると、子供はゲームだけに夢中になってしまうかもしれません。

現代では、ゲーム以外にもインターネットを使ったSNSも子供たちの遊びのツールの1つです。

さまざまな情報は、まだ善悪に対する正しい判断ができない子供にとって悪影響になるケースあります。

ですので設置するのは、学習机、収納棚、クローゼット、ベッドなどの必要最低限なもので止めておくことが望ましいと思います。

もし、子供が「どうしても自分の部屋でゲームやSNSをしたい!」と求めてきた場合は、何か課題条件や交換条件を与えてあげるといいかもしれません。

例えば「○○歳になってから」だけでなく「○○の教科で○○点とったら」「毎日○○のお手伝いやお片づけができたら」といったノルマや条件を与えることで最後までやり抜くチャレンジ精神や達成感の喜びを感じるキッカケになれば喜ばしいことですよね!

 

子供にとって家族みんながいる空間こそが何よりも楽しい居場所に

お家の中で1番楽しい場所は家族が自然に集まり、会話ができるリビングやダイニングだと思います。

その時間が多けれ多いほどに絆も深まり、一緒になって遊ぶことでたくさんの思い出を共有するこができます。

逆に、その時間が少なければ少ないほど不満はつのり、自分の居場所を自分の部屋だけで満たそうと考えてしまい心を閉ざしてしまう可能性があります。

ですので、リビングやダイニングはできる限り快適で楽しい設備で充実させましょう。

そして子供部屋は勉強と睡眠と着替えが中心の場所。それ以外のことは家族と一緒の場所に定着していくことが望ましいいと思います。

勉強であっても子供が集中できる環境を作ってあげれば子供部屋でなくても構いません。

子供が幼い時期からコミュニケーションを十分にとれる環境づくりが何よりも大切なことだと思います。

 

CSホームズでは、お家の間取りやデザインでお悩みの方に、ご満足いただける最適なアドバイスをいたします。是非、お気軽にご相談ください!

※施工事例へ

日本は地震の多い国です。

2011年の東日本大震災を経て、住宅の耐震性が注目され、耐震対策を施した家が当たり前になっています。

東海エリアも起こる可能性が高いと言われている東海大地震に備えてより耐震性の高い家を建てることをCSホームズもおすすめしています。

その起きるかもしれない地震に対してどれぐらい耐えることができる家なのか?

耐震等級とは、住宅の耐震性能をランク付けした等級のことです。

耐震の等級は等級1〜3までの3段階で表示されています。

耐震等級1

  • 震度5強程度の地震では損傷せず、震度6強から7の地震では倒壊しない
  • 建築基準法で耐震等級1が義務付けられている
  • 震度6強から7程度というと東日本大震災、阪神淡路大震災の揺れに相当します

耐震等級2

  • 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる
  • 病院や学校等の耐震性能

耐震等級3

  • 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる
  • 消防署や警察署など防災の拠点となる建物の耐震性能

耐震等級3であれば、阪神淡路大震災の1.5倍ほどの大地震が起きても耐えれるという計算がされています。
なお、耐震等級適合住宅は等級に応じて地震保険の割引きが受けることができ、長期優良住宅では耐震等級2相当以上の強度が求められます。
ただし、一般的に等級が上がるほど柱や梁が太くなり、窓などの開口部が小さくなる制約が出やすくなります。

名称未設定-5

 

お家に使う構造材というと色々ありますが、一般的に大きく分類すると、「木材」「コンクリート」「鉄」の3つがあげられます。

それでは、この3つの中で最も断熱効果の高い構造材は何でしょう?

 

それは意外にも…「木材」なんです!

 

しかも研究結果では、木材の熱の伝わりやすさが1とした場合、コンクリートは10倍、鉄は353倍と、その差は歴然たるものがあります。

木材は熱に弱いイメージがあったのですが…

いえいえ!そんなことはありませんでした!

これは驚きの結果ですよね!

なぜ、こんなにも大きく違いに差が出るのかは、木材の優れた性質にあります。

木材は、無機質なコンクリートや鉄と違い、組織が中空細胞の集合体になっています。

その無数の隙間に空気がたくさん詰まっていてるおかげで熱を伝えにくくしているのです。

冬場の寒い時期に、木材とコンクリートと鉄を触ったときに最も冷たく感じないのはそこからきています。

そして肌触りがいいのも木材の素材の良さですよね。

 

名称未

 

木は呼吸をすると言われていますが、自然の中で生きている木は、2酸化炭素を吸収して酸素を放散してくれます。

そして木材として加工された木は、空気中にある湿気を一定の湿度に保つように吸収したり細かい水蒸気で放散してくれます。

それは熱気のあるムシムシする夏でも、乾燥する寒い冬でも自然のチカラで自動的に調節をしてくれます。

それに木の香りには殺菌、消臭効果があり、まるで電化製品の除湿乾燥機能が付いた空気清浄機のようで省エネ効果も抜群なんですね!

※施工事例へ

DSC_8186 のコピー

 

みなさん、土地探しの中で最も人気のある土地の場所をご存知でしょうか?

それは、公道に面した『南東の角地』です。

人気の理由として1番に挙げられるポイントは、日当たりの良さにプラスαされた開放感からです。

南東向きのお家は、朝日が気持ちよく入り、夕方どきの眩しい西日を受けません。

そして角地は、両サイドにお家が挟まれないので開いたスペースで開放感を得られます。

もちろん他の方角の角地も人気があり、土地探しの際の条件に角地を含む方も少なくはありません。

それは、日本人特有の(個人差はありますが…)角や端っこが落ち着くので好きという心理があるかもしれませんね!

ですがここで注意すべきことは、必ずしも人気がある角地=快適ではないことです。

やはり、どれだけ人気が高くても、いくつかのデメリットも存在しています。

そこで今回は、角地のメリットとデメリットをそれぞれご紹介したいと思います。

 

 

角地のメリット

 

  • 日当たりの良さ
  • 開放感UP
  • 間取りの自由度UP
  • 車の出し入れがしやすい
  • 防犯性の高さ
  • 建ぺい率の割増し

 

角地のメリットは、前述のとおり日当たりの良さにプラスαされた開放感です。

開放感が増せば、風通しも良くなるので自然と湿気対策になり、カビの発生の防止につながります。

そして、2方向以上が公道に面しているので、玄関の配置場所が自由に選べます。

設計の選択肢が広がれば、お家に対する自分のこだわりも多く反映させることが可能になります。

駐車スペースも同様に、見渡しのいい場所や交通量を踏まえて好きな場所に配置ができます。

他にも、人通りが多いイメージの角地は、空き巣狙いの泥棒が人目を気にするため防犯性が高くなります。

立地条件や各地域の自治体の条例にもよりますが、建ぺい率が10%割増しになることは嬉しいことですよね。

…実は、同じ角地でも生活する人や地域の環境によって得をするメリットが逆に損をするデメリットになってしまうケースもあります。

そのことを踏まえた上で、続いては角地のデメリットについてご紹介したいと思います。

 

 

角地のデメリット

 

  • 日差しが強くて眩しい
  • 振動や騒音・ゴミの問題
  • 人にに見られやすい
  • 交通事故の不安
  • 土地の値段が高い

 

日当たりの良さは、人の感じ方によっては暑さや眩しさにもつながります。

その場合は、冷暖房や遮光カーテンで暑さ対策をしましょう。

開放的で見渡しが良ければ、逆に人からも見られやすくもなるので、人目が嫌でも気になるかもしれません。

もし気になるようであれば、目隠しフェンスや緑の植栽で囲いを設置する必要があります。

また、人や車の通行量が日常的に多い角地であれば、2方向以上が公道に面しているので、特に大きな車が通る振動や騒音は目立つかもしれません。

その為お家には、万全の防音・防振対策が必要になります。

そして、こればかり未然に防ぎようのないことですが、車の乗り上げなどの事故における損壊の不安です。

もちろん、お家の敷地内まで車が入りお家自体が壊されてしまったというケースは中々ありませんが、交差付近である角地では車よる外壁を傷つけられるリスクは一般の土地よりも多くなります。

この場合は、外構のこだわり丈夫で頑丈な塀を設置することが望ましいでしょう。

最後に、最も大きな問題は土地の値段が高いということです。

これは、人気の高い土地であるがゆえのデメリットになります。

土地の条件にもよりますが、一般の土地よりも1~2割ほど値段が上がるケースが多いようです。

 

 

 

さいごに

 

大切なことは、デメリットが出てしまっても、うまくカバー出来るかどうかで快適さは変わります。

もしそれでも、うまくカバーができないと思ったら、角地にこだわらず別の土地を探すのも1の得策です。

土地ばかりにこだわって予算オーバーしまい、その分のお家にかける予算を大幅に下げてしまっては、理想のお家は実現しません。

しっかりとその土地をよく調べて、どの土地がご家族にとって最善かを見極めることが何よりも大切です。

ご家族やご夫婦やお子様にとってぴったりな土地が見つかるといいですね!

もちろん、CSホームズでは、土地探しでお悩みの方に、ご満足いただける最適なアドバイスをいたします。ぜひ私たちにいつでもご相談ください。全力でサポートさせて頂きます。

※施工事例へ