お問い合わせ・資料請求
イベント

スタッフブログ

名称未設定-5

 

お家に使う構造材というと色々ありますが、一般的に大きく分類すると、「木材」「コンクリート」「鉄」の3つがあげられます。

それでは、この3つの中で最も断熱効果の高い構造材は何でしょう?

 

それは意外にも…「木材」なんです!

 

しかも研究結果では、木材の熱の伝わりやすさが1とした場合、コンクリートは10倍、鉄は353倍と、その差は歴然たるものがあります。

木材は熱に弱いイメージがあったのですが…

いえいえ!そんなことはありませんでした!

これは驚きの結果ですよね!

なぜ、こんなにも大きく違いに差が出るのかは、木材の優れた性質にあります。

木材は、無機質なコンクリートや鉄と違い、組織が中空細胞の集合体になっています。

その無数の隙間に空気がたくさん詰まっていてるおかげで熱を伝えにくくしているのです。

冬場の寒い時期に、木材とコンクリートと鉄を触ったときに最も冷たく感じないのはそこからきています。

そして肌触りがいいのも木材の素材の良さですよね。

 

名称未

 

木は呼吸をすると言われていますが、自然の中で生きている木は、2酸化炭素を吸収して酸素を放散してくれます。

そして木材として加工された木は、空気中にある湿気を一定の湿度に保つように吸収したり細かい水蒸気で放散してくれます。

それは熱気のあるムシムシする夏でも、乾燥する寒い冬でも自然のチカラで自動的に調節をしてくれます。

それに木の香りには殺菌、消臭効果があり、まるで電化製品の除湿乾燥機能が付いた空気清浄機のようで省エネ効果も抜群なんですね!

※施工事例へ

住宅の寿命を短くしてしまう内部結露

内部結露とは、室内で発生した水蒸気が壁内部に浸入し、壁の中で滞留した水蒸気が水滴になる現象です。
壁の中のジメジメした湿気が壁の中で「内部結露」として発生します。「内部結露」が起こると壁の中でカビが発生し、周囲の木材が腐り、シロアリのすみかになる可能性があります。
その結果、家は耐久力・耐震性を損ないます。結果、寿命の短い弱い家になっていまうのです。
世間では「耐震性」「耐久性」というキーワードがたくさん並びますが、内部結露対策をしっかりと行いない家だといくら耐震性の高い家を造ったとしても、数年後内部結露により躯体がボロボロになってしまっているということもありえるのです。

ill-point2_01

ウールブレスの優れた調湿機能が結露を防ぐ

繊維の表面を覆うウロコ状の「スケール」は撥水性があるので、水滴をはじき返しますが、湿気自体は通過させる特性があります。これにより表面はさらっとしていながらも、内側は湿気を吸放湿する事で優れた調湿機能を発揮します。

ウールブレスは、湿度が高くなると繊維内に湿気を吸収し、逆に湿度が低くなると空気中に放湿する吸放湿効果を持ちます。
ウールブレスは壁内の湿度を40~60%に保つので、カビの心配は要りません。表面はさらっとして、ヒョウヒダニが 生息できない環境になります。湿度の高い日本の気候風土に柔軟に対応できる断熱材です。

●国土交通省大臣認定(いわゆる防露認定)を省エネルギー対策等級で取得
・認定番号 : 877 ・対象品番 : V-100ロール ・対象部位 : 外

ill-point2_02

CSホームズでは室内に漆喰の採用をオススメしています!

漆喰は室内の湿気が多い時には湿気を吸い取り、室内が湿気が少ない時には湿気をはき出すという吸放湿の効果を持っています。
ご家族がより快適に過ごせるだけではなく、結露対策にも大きな役割を果たすからです。

シックハウス対策に最適な断熱材

ウールブレスは一切の接着剤を使用せず、シックハウスの原因となる有害物質「ホルムアルデヒド」を含んでいません。逆にウールはホルムアルデヒドなどの化学物質を繊維内に吸着し、再放出しません。まるで、天然素材の空気清浄機です。
シックハウスによる健康被害はとても辛いものです。アパートやマンションなどでお子さんがシックハウスでとても苦しんでいたのが、新築のシックハウス対策をされた家に引っ越して改善されたということもあります。
ホルムアルデヒドを含まない建材選びがご家族を健康に暮らせる家にするポイントでもあるのです。

ill-point3_01

空気をキレイにする自然素材のウール断熱

以下のグラフは、ウールが空気中の化学物質を素早く浄化する能力を実証する実験データです。
(ニュージーランド羊毛研究所)ウール製品の代表例としてウールカーペットを用いています。
ウールカーペットが無い状態では、空気中にホルムアルデヒドが滞留し続けるのに対し、ウールカーペットをおいた場合はわずか40分でホルムアルデヒドを繊維内に吸着し、室内の空気を清浄化しています。
この実験結果から見て取れるようにウールは空気中の有害物質をはじめ、臭い等を清浄化する能力があります。

ill-point3_02

カーペットまでは直接ではないにしろ、空気中の水蒸気と混ざって飛散するホルムアルデヒド。
壁の中にあるウールでも効果が期待できます。
よりよい空気の中で生活し、健康な家で暮らせることが大切です。

 

CSホームズで使用している羊毛断熱材「ウールブレス」。

羊毛断熱材「ウールブレス」は”夏は涼しく、冬は暖かい”自然素材からできた安心の羊毛断熱材です。
ウールの持つ力で、家の中を常に最適な湿度にキープし、汚れた空気を浄化してお部屋の中に広がる快適空間を作り出します。シックハウスの原因となる有害物質も含まず、自然素材を使用した安心の断熱材です。
人と環境に配慮した羊毛断熱材、それが『ウールブレス』です。

ill-point1_01

優れた断熱性

ウールは繊維が縮れているために空気をたくさん蓄えることができます。さらに、ウールは熱伝導率が優れており、繊維組織内にある空気が外部の空気の進入を防ぎ優れた断熱効果を得られます。

省エネ基準の家に比べて年間60%の暖房費を節約可能です。
※ CO2も45%(960kg)削減。

※次世代省エネ基準(平成11年基準)の仕様で、ウールブレスを使用し、全館連続冷暖房を使った場合

ill-point1_03

ill-point1_04

※あくまでも、シュミレーションでございますので、実際の冷暖房費、CO2の削減を保証するものではありません。

自然素材の断熱材ながら断熱性能も優れたウールブレス。

環境と性能を兼ね備えた素晴らしい断熱材です。

実際にウールブレスのサンプルが欲しい方は是非お気軽にお問い合わせください!