お問い合わせ・資料請求
イベント

スタッフブログ

99d23c45852f0a954c159ed3dc71842d_m

毎日 料理を美味しく作る上で、キッチンは快適で楽しい場所にしたいですよね。

その中でもキッチンのコンロは、料理の味や、キッチンの見た目にも大きく左右します。

そこでタイプの異なるのが、IHコンロ(またはIHヒーター)とガスコンロです。

特に新築のお家を建てる方や、リフォームを今からお考えの方、コンロを交換される方にっとって、どちらにするのかは悩みどころですよね。

そこで今回は各コンロの特徴やメリットとデメリットをそれぞれご紹介したいと思います。

そしてみなさまがそれぞれを比較した時に、どちらの方が理想的か判断をする参考材料になれば幸いです。

 

6e47436c01aa961c19fcf81f3d2f5258_m

IHコンロの特徴

 

金属なべの底を電気の磁力を利用して加熱する仕組みです。

形状はフルフラットでガラス張りの天板のものが多く、すっきりとした見た目が特徴的です。

ちなみにIHとタイプが似ているラジエントヒーター、ハロゲンヒーターもセットで機能搭載されたコンロもあります。

どちらも主にIHとは異なり、磁力ではなく直接的に加熱します。触れると火傷をする恐れがあるため注意が必要です。

 

 

IHコンロのメリット

 

  • 電気で熱をおこすため、炎は出ないのでキッチン周りが熱くなる心配はありません。特に夏場は差が出やすく実感できます。
  • 水蒸気や熱気が少ない発生で留まります。お部屋の結露も減少するので空気が汚れにくなります。
  • ガスを使用しないため、ガスコンロのような立ち消えや吹きこぼれ、服裾などからの貰い火の心配がなくなるので安心です。
  • 加熱の状態が液晶表示され、保った姿勢のまま調理ができるので快適です。
  • タイマー機能や、細かい温度設定がボタン1つで簡単に調整できるので大変便利です。
  • 艶のあるプレートタイプなのでお掃除やお手入れがサッと拭いて終わりなのでラクラクです。

 

 

IHコンロのデメリット

 

  • 磁力を利用しているため、心臓にペースメーカーを使用している方の場合は、事前にお医者様へ相談が必要になります。
  • 最近では種類も豊富ですが使える鍋の素材は制限されています。主に、ステンレス・鉄製の12〜26cmで底が平らであれば対応します。特に、オールメタルのコンロのタイプは金属製全般の鍋が利用可能になります。
  • 土鍋やガラス鍋はIHに対応していないのが難点です。
  • 熱の伝わる強さが調理器具の性能によって異なります。
  • 一般のガスコンロと比較すると機器の値段は高価になります。

 

 

4ba9d502f8605621b7f13560d14419e3_m

ガスコンロの特徴

 

ガスコンロはその名の通り、ガスを利用して着火された火で加熱する仕組みです。

実は最近では、ガスコンロも進化していて大きく2つのタイプに分類されています。

1つは、従来のイメージである、別売りで簡単に取り替え可能なガスコンロ。単体でキッチンに設置するタイプです。

そして、システムキッチンに一体化されたコンロでIHコンロのような形状がフルフラットでガラス張りの天板にゴトク(鍋などの調理器具をかけて支える火の周りにある金具)が設置されているタイプです。

簡単に考えれば、ちょうどIHコンロと従来のガスコンロと中間に位置するモノになります。

はめ込み式なのでビルトインガスコンロとも名称されています。

 

 

ガスコンロのメリット

 

  • ガスコンロ特有の見た感覚で火力を調整できるので、調理もスムーズになります。
  • 火力の強い炎を起こすことで、宙に浮かせたあおり(フライパンなどを振る動作)やフライ返しが加熱しながらできます。強火を必要とする中華料理や炒めものに便利です。
  • 中華鍋や土鍋を使った料理ができます。どの調理器具にも対応しています。
  • 網を使って調理バーナーのように焼き物や炙り料理ができます。
  • IHコンロと比較すると機器の値段はIHコンロよりも安価になります。

 

 

ガスコンロのデメリット

 

  • 火力によって、キッチン周りが熱くなります。特に夏場は暑さを感じやすくなります。
  • 熱気の発生で、キッチン周りやお部屋に結露が増えたり空気が汚れにくなります。
  • ガス漏れや火に対しての火災の心配があります。特に小さなお子様がいるご家庭には注意が必要です。しかし、最近では事前に危険を感知するSiセンサー搭載のガスコンロが主流で安全になりました。
  • IHコンロと比較すると、お掃除やお手入れに手間がかかります。ビルトインガスコンロは、ゴトクがコンパクトになり、お手入れもしやすくなりました。

 

456b88bfc7e1f15cc8e7f159f9850c01_m

キッチンコンロ選びのポイント

 

一概に、どちらが快適でお得かは、使う人や作る料理、お家の電気料金プランによって異なります。

どちらにも優れた点があり難点はあります。

ポイントは、優先順位をつけて何を決め手にするかが重要だと思います。

例えば、土鍋を使ってご飯を炊きたい方、あおりやフライ返しで中華料理や炒めものを作りたい方でしたら、ガスコンロが魅力的だと思います。

キッチンをスタイリッシュに見せたかったり、日常のお掃除やお手入に手間をかけたくない方でしたら、IHコンロが魅力的だと思います。

また、使ったことのないキッチンコンロをお持ちのご友人やお知り合いの方に率直な感想を聞いたり、実際に見せてもらうのも得策です。

 

もちろん、CSホームズでは、キッチン周りを含め、お家のリフォームでお悩みの方に、ご満足いただける最適なアドバイスをいたします。是非、お気軽にご相談ください!

※施工事例へ

a85208a7299179b119589695dacfe25e_m

何かとモノが増えてしまうキッチンまわり。

乱雑にそのまま放置したままにしていると料理の作業効率もダウンしてしまい、快適な暮らしを妨げてしまいます。

そんな中で、特に料理好きの奥様や、2世帯、3世帯と家族数が多いご家庭で、キッチンパントリー(食品庫)は大変重宝されています。

キッチンパントリーに収納保管や片付けをすれば、スッキリ快適で便利です。

 

使いやすくするポイント

 

■キッチンパントリーの棚の奥行きがありすぎると奥にしまったモノが埋もれてしまい、すぐに取り出せなくなるので奥行きがない棚をオススメします。

 

■もしも、同じ銘柄で賞味期限などがあるモノをたくさんストックする場合は、手前から期限の古い順に置くことが鉄則です。

それでも分かりずらくなるのでさらに、付箋(ふせん:目印・備忘のために、貼り付ける小さな紙片)に日付や順番を書いておくと便利です。

■安定しにくいモノや、重くて取り出しにくいモノは下の段に置いたり、小さなモノはカゴや網状の箱の中に入れて収納すると取り出しやすくなります。

 

主に収納保管するモノ

 

ちなみに皆さんの中でよく収納保管されているモノは普段使わない食器類、薬箱、常温保存用の食材、調味料、米、酒類、キッチン用具、梅酒漬け瓶、シャンプーや洗剤類、ゴミ袋、料理に関する参考書の本などさまざまあります。

前回のPart4に続き、レイアウトスタイルの種類についてご紹介をさせていただきます。

3. セミオープンタイプ(対話型キッチン)

 

ダイニングとキッチンの間にカウンターやキッチン台で仕切りを作る、クローズドタイプとオープンタイプの中間のスタイルです。仕切りもありながら吊り戸棚とキッチンの間には壁がないので開放的になります。

メリット:ダイニングやリビングからは、手元が隠れて見えるので料理に集中できる。 ダイニングやリビングを見渡すことができ、コミュニケーションを取りながら料理もできる。

デメリット:オープンタイプのキッチンと同様、他のフロアに臭いや煙がいきやすい。

4. その他(オープン対面タイプ)

セミオープンスタイルの吊り戸棚をなくしたオープンスタイルのこと。セミオープンタイプとオープンタイプの中間のスタイルです。視野も広がる上、デザイン性もあり今人気のスタイルです。

メリット:ダイニングやリビングからは、適度に手元が隠れて見えるので料理に集中できる。 セミオープンタイプ以上に顔も見えて開放的でコミュニケーションも取りやすい。

デメリット:オープンタイプのキッチンと同様、他のフロアに臭いや煙がいきやすい。 壁面のキッチンタイプより広い面積が必要になる。

 

まとめ

キッチンには、さまざまなスタイルやレイアウトデザインがあり、どれも魅力的です。どの種類のキッチンにもメリットやデメリットがあるので、それを踏まえて自分の生活スタイルに合ったキッチン選びが大切です。

前回は、キッチンの形状の種類についてご紹介しました。

今回はレイアウトスタイルの種類についてご紹介をさせていただきます。

レイアウトスタイルの種類は、大きく分類すると3つあります。

 

3つの種類 キッチンのレイアウトスタイル

1. クローズドタイプ(独立キッチン)

2. オープンタイプ(開放型キッチン)

3. セミオープンタイプ(対話型キッチン)

4. その他(オープン対面タイプ)

 

1. クローズドタイプ(独立キッチン)

他の部屋との仕切りを作ったり。キッチンが一室となった独立スタイルのこと。

調理中まわりを気にせずじっくり作れます。

 

メリット:ダイニングやリビングからキッチンが見えないので料理に集中できる。 壁面が大きくとれるので豊富に収納スペースができる。他のフロアに臭いや煙がいかない。

デメリット:コミュニケーション不足になりやすい。 料理をダイニングへ運ぶまでの距離が遠くなる。

 

2. オープンタイプ(開放型キッチン)

 

リビングからキッチンまでの仕切りを作らないオープンスタイルのこと。キッチンは全て壁付けするのでダイニングとの一体感を生みます。

 

メリット:短い移動で作業効率アップ。 壁面が大きくとれるので豊富に収納スペースができる。 壁がないのでコミュニケーションを取りやすい。

デメリット:他のフロアに臭いや煙がいきやすい。 キッチンに隠れた部分がないため、散らかると目立ちます。

 

 

3.セミオープンタイプ(対話型キッチン)4.その他(オープン対面タイプ)については次回のPart5へつづきます。

4. アイランド型キッチン

作業台、流し台、コンロ、換気扇などの機器の一部や、あるいは全ての機器を壁面から離し、キッチンスペースの中央に配置したキッチンです。

作業台と流し台だけを中央に設置したり、もちろん流し台だけの場合のキッチンもアイランド型キッチンです。

それが島(アイランド)のような形に見えるので、この名称で呼ばれています。

キッチンの前後左右どこからでも使え、家族や友人と複数で調理ができます。みんなで楽しくホームパーティがしたい方にオススメです。

 

 

メリット:キッチンのスペースも含めたホームパーティができる。 みんなで料理ができて楽しい。 配置する組み合わせが豊富。 存在感があり、お家の主役になる。

 

デメリット:中央に換気扇や加熱機器を設置する場合は注意が必要になる。 キッチンが散らかっていると目に付きやすい

 

5. 対面型キッチン

壁面と反対側に平行に配置したキッチンです。

キッチンに立った時、リビングやダイニングに向き合う(対面)ので家族や友人と会話をしながら料理や洗い物をすることができます。

2列になった作業台は、振り向いて回る動作で動線も短縮されて調理も効率的にできます。

背面側には収納棚などのスペースも充実します。

 

対面型キッチン=ペニンシュラキッチン

ちなみに対面型キッチンはペニンシュラキッチンとも言います。

アイランド型キッチンと似てみられますが、見分け方があります。

アイランド型キッチンは壁面とくっ付いてません。

対面型キッチンは左右のどちらかに壁面がくっ付いています。

ですので島でなく、半島になるのでペニンシュラ(半島)キッチンといいます。

 

 

メリット:対面効果でダイニングやリビングを見渡せる。 子供の危険をいち早く察知できるので安心。 家族や友人と会話をしながら料理や洗い物をすることができる。

 

デメリット:壁に密着したI型・L型キッチンよりもスペースを確保しなければならない。

6. 二列型キッチン

流し台とコンロ台のコーナーを対面に分離させ、2列に設置したキッチンです。

コーナーを分離させることでキッチンのスペースも広がります。

また、洗うものと調理するものをわけて作業できたり使い勝手が良いのも特徴です。

二列型キッチンと対面キッチンはよく似ています。

二列型キッチンは、換気扇があるコンロ台が背面側にある場合が多いので、正面のキッチンがスッキリ見えて開放的です。

そういう意味では、作業台と流し台だけのアイランド型キッチンの要素も持ち合わせています。

違いは二列型キッチンは、左右のどちらかに壁面がくっ付いています。

アイランド型キッチンは、壁面がくっ付いていません。

ちなみに二列型キッチンはⅡ型キッチンともいいます。

 

 

メリット:対面型キッチンと同じで対面効果でダイニングやリビングを見渡せる。 子供の危険をいち早く察知できるので安心。 家族や友人と会話をしながら料理や洗い物をすることができる。 換気扇のスペースが背面にありスッキリ開放的。 キッチンスペースが広々。 移動する動線が短い。

 

デメリット:正面のキッチンスペースが散らかっていると目に付きやすい。 正面のキッチンで調理する場合、換気扇が背面にあるのでリビングまで匂いが届く。

前回は、セクショナルキッチンとシステムキッチンの2種類の特徴やメリット・デメリットをご紹介しました。

 

キッチンは大きく分類すると2種類ですが、システムキッチンには、キッチンの形状やレイアウトスタイルで、さらに種類が増えます。

 

まず、形状の種類は大きく分類すると6つあります。

 

キッチンの形状(天板の形)の6つの種類

1. I型キッチン

2. L型キッチン

3. U型キッチン

4. アイランド型キッチン

5. 対面型キッチン

6. 二列型キッチン

 

1. I型キッチン

システムキッチンの中で1番スタンダードなタイプです。ローマ字の『I』の文字通り、横一列に設置したキッチンになります。

設置する場所は、壁側や部屋の中央で対面型にもできるので、自由な設定が比較的に可能になります。

 

 

メリット:調理中の移動が直線的でスムーズ。 設置の設定が自由にきく。 形がシンプルなので場所をとらない。 1番売れている形状なので価格が他のタイプよりも安い。

 

デメリット:横長にしすぎると、移動する動線の距離が長くなり、作業効率も悪くなる。

 

2. L型キッチン

キッチンセットをL字に配置したキッチンです。流し台から調理するコンロ台までの距離が短くなるので効率よく調理ができます。

時間や移動する距離を少しでも短縮したい方にオススメです。

 

 

メリット:短い90度の移動で作業効率アップ。 空間を広く残せるので収納スペースもつくりやすい。

デメリット:二人や複数での調理では、距離が近すぎて、動きづらいと感じる場合があります。

 

3. U型キッチン

キッチンセットをU字型に囲むように配置したキッチンです。広い作業スペースがとれるので調理も快適です。コーナーが2つになり収納もたくさんできます。

来客の多い家の方、キッチンスペースを広く取りたい方や、料理作りが大好きな方にオススメです。

 

 

メリット:キッチンスペースの充実。 独立型のキッチンすることでインテリア性が高くなる。

デメリット:設置する面積が広くなり価格もそのぶん高くなる。

 

 

4.アイランド型キッチン 5.対面型キッチン 6.二列型キッチンについては次回のPart3へつづきます。

お家の中の水廻りで、1番こだわりたくなるのは、やっぱりキッチンですよね。

 

キッチンは毎日料理を作る場所だけでなく、家族同士のコミュニケーションの場になったり、友達や来客人を招いた時の交流の場にもなります。

 

もちろん毎日使う場所ですので、見た目のデザインだけでなく、使い勝手の良さや収納の充実さなどにもこだわりを持ちたいものです。

 

そこで今回は、知っているようで意外と知らないキッチンの種類をご紹介したいと思います。

 

さまざまなキッチンの種類を知ることで、『自分の理想』に合ったスタイルが見つかるかもしれません。

 

キッチン選びのご参考になれば幸いです。

 

 

セクショナルキッチンとシステムキッチン

 

まず、キッチンのタイプを大きく分類すると2種類あります。

 

 

1.セクショナルキッチン

セクショナルキッチンとは、作業台や流し台、コンロ台、吊戸棚などの独立したパーツを組み合わせて配置したキッチンのことです。

パーツとパーツの隙間に汚れやホコリが溜まりやすいのがデメリットになりますが、特にコンロなどを取り替える作業では、取り外しがしやすいことがメリットになります。

 

メリット:システムキッチンに比べ、パーツの取り替えがしやすい

デメリット:パーツとパーツの隙間に汚れやホコリが溜まりやすい

 

2.システムキッチン

システムキッチンとは、作業台、流し台、水栓、レンジ台、コンロ、換気扇、収納棚などの複数のパーツを組み合わせ、天板と呼ばれる一枚板をのせて一体化させたキッチンのことです。

一体化されているので隙間も少なく、掃除やお手入れがしやすくなっています。

また、一体型なので統一感があり、スッキリと見映えの良い空間になります。

最近では食器洗浄乾燥機や浄水器を内蔵したシステムキッチンなど、豊富なバリエーションで機能が充実しています。

 

メリット:一体化されているので、掃除やお手入れがしやすい

デメリット:キッチンリフォームの際、セクショナルキッチンに比べ、作業工程が増えるので時間と費用がかかる場合もある

※システムキッチンの参考事例へ