お問い合わせ・資料請求
イベント

スタッフブログ

お家を購入するということは人生の中でとても大きな買い物であり、イベントです。もちろんご家族が「この家を建ててよかったなぁ」満足できるお家を手に入れたいと思います。やはり価格のことは付いてまわりますが、できればご家族の想い・意見をより多く取り入れることのできる「注文住宅」について3つの特徴と分譲住宅との違いについてご説明したいと思います。

まず注文住宅はご家族のライフスタイルや想いを込めた家を建てたいという方、時間はかかってもいいから納得できる仕様のお家が欲しいという方に適しています。

1.自由にご家族のライフスタイルに合わせた家ができます

注文住宅はオーダーメイドです。気に入った土地でご家族のライフスタイルに合わせたお家を高い自由度で建てることができます。外観のデザインから内装のデザイン、奥様こだわりのキッチンスペースや子供部屋など、現在に合わせた設計もできますし、将来を見据えた可変的なお家なども可能です。性能面でも耐震性が高い家・断熱性が高い家・気密性が高い家などこどわりを反映できます。
もちろん一から想いを聞かせていただき造りあげていくため時間はかかりますが、小さなご要望もできる限り(建築基準法の範囲や土地の条件等)反映していくことができます。

2.どこにお金をかけてどこにお金をかけないのか!予算調節が可能です!

建築材料もオススメの建築材料の紹介などはしますが、絶対にこれにしなくはならないというのはございません。「ここの部材はもっと安くしてもいいけど、キッチンには絶対こだわりたいから!」などフレキシブルに対応することが可能です。
ご家族のご要望に合わせて予算配分することでより納得したお家が完成します。

3.建築途中の現場を見ることのできる安心感

注文住宅も分譲住宅も住宅性能表示制度により第三者機関が検査するシステムがありますが、やはりご家族の目で実際の現場の状況を確認できるということはとても安心できます。実際に建築している職人さんに疑問や質問をすることも可能です。
住宅の購入はとても高い買い物ですので、施工過程を見ることができる安心感はとても大切なことです。

注文住宅と分譲住宅(建売住宅)の大きな違い!

新築の一戸建ての場合、大きくわけて注文住宅と分譲住宅に分けられます。
注文住宅はご家族のご要望を聞きプランを考え一から建てます。ほぼオーダーメイドのため自由な間取り・設計・性能を予算内で組むことが可能となります。ただし、費用も時間も分譲住宅に比べると割高になります。
それに比べ分譲住宅はハウスメーカー・工務店・設計士がプランやパッケージ住宅から家を建てたものを購入します。パッケージされているものを購入するため、割安に短期間で購入することができます。また土地も同時についてくるため土地探しなどの手間もかかりません。
ただし、自由度はなく決まった仕様・決まった間取りでオリジナリティやライフスタイルに合った物件を見つけるのは難しいです。