お問い合わせ・資料請求
イベント

スタッフブログ

今回も引き続き、スキップフロアにつて詳しく説明したいと思います。

スキップフロアの5つのデメリット

1. スペースが増えることで建築コストがあがる

スキップフロアは空間をムダなく使うので、収納スペースも増えます。

構造の増えた分、同じ土地で通常に建てたお家とくらべると建築コストがあがります。

 

2. 施工ができる業者が限られる

何も考えずにつくられたスキップフロアは、フロア全体の良い雰囲気を崩し、すべてを台無しする場合があります。

快適で魅力的な家は、お客様の視線にたち計算された演出がされています。

スキップフロアは、構造が複雑になりますので設計士の器量が試されます。

実績や熟練された技術なしではスキップフロアの魅力は発揮しません。

CSホームズならおまかせください!※施工事例へ

 

3. 空調の設備が増えので日常の光熱費が増える

壁のないスキップフロアは、広々としていて開放的です。ただし空間が広くなればなるほど冷暖房の空調は効きにくくなります。その結果、空調の設備も増えてしまい、日常の光熱費もその分増えてしまいます。

それを回避するためにも、空調管理について施工業者としっかりと相談することで解決する案もあります。

 

4. 壁がないので遮音性が低い

壁がなければそれだけ声が届き、家族の気配も感じることができます。

逆に、それだけ気配を感じることができるということは、遮音性が低いことにもなります。

もしも気になる方がいる場合は、遮音カーテンなどで対策することをオススメします。

 

5. バリアフリーと真逆の手法

スキップフロアは、段差がありますが、それと対照的な手法なのがバリアフリーです。

高齢化社会の進む傾向のある現在、バリアフリーは段差をなくすことでつまずかないように配慮されたユニバーサルデザインです。(年齢や障がいの有無などにかかわらず、最初からできるだけ多くの人が利用可能であるようにデザインすること)

もし事前に高齢者の方と同居することをお考えであれば、段差のない1階などにバリアフリーを取り入れることをオススメします。

 

新しい暮らしのスタイルには必ずしも、良いことだけではありません。

少なからず、悪いことも起こりうるのです。

悪いことをあらかじめ知っていることで、それは大きなメリットになり、デメリットの解決につながります。

まさに、ことわざの『備えあればうれいなし』ですね!

前回に引き続き、スキップフロアをもっともっと深く掘り下げたいと思いました。なので今回は、スキップフロアのメリットについて詳しく説明したいと思います。

 

スキップフロアの6つのメリット

1. 空間に遊び心があり楽しい

高さをずらした段差や、部屋の空間の上にさらに見える部屋は個性的でなんだかワクワクします。
まるで秘密基地があるような楽しさです。

2. 階が増えることで収納スペースが生まれる(空間の有効活用)

土地の関係上、これ以上は家を大きくできないという方に特にオススメ。
小さな面積でも縦の空間をムダなくフルに使うことでデッドスペースがなくなります。
段差の下には収納スペースが生まれるので収納もたくさんできて一石二鳥です。

3. 壁がないので見渡しが良く、家族の気配を感じることができる安心感

スキップフロアには囲まれた壁がないので会話も聞こえる安心感があります。
なので子育て中の子供がいる方、これから子供ができる予定のご家庭の方には特にオススメです。
子供の気配を感じることがでれば、日常の家事も安心しながらできます。
子育てで一番こわいのは子供のケガです。特に階段でのケガは一番危険です。
スキップフロアは、通常の階段を分割しているので、高さも段数も少なくなります。
階段の数は増えますが分割することで通常の階段よりも大きなケガや事故につながる危険を防げます。
さらにスキップフロアは階と階の間にあるので、それが目隠し効果になり家族のプライバシーをきちんと守ってくれます。

4. フロア全体が広く感じることができる

空間に高低差が生まれるので立体的に見え、実際の面積よりも広く感じることができます。

5. 天井を高く設定する事ができる

天井を高くする設計の方法の中で一番代表的なのは『吹き抜け』です。
吹き抜けは、フロアから5〜6mほどの高さがあるので確かに開放感を感じることはできます。
ただ、空調が効きにくいという難点があります。
スキップフロアの場合、段差で分割してつないでいるので、通常よりも天井を高くすることができます。
ですので、吹き抜けほどの運用コストがかからず、天井を高く設定する事できます。

6. 通常よりも窓を増やすことができるので日当たりや風通しが良くなる

暮らしやすいお家にとって、日当たりと風通しは重要なポイントです。
外から入ってくる自然の光や風はお部屋の雰囲気をより明るくしてくれます。
スキップフロアなら段差のある層を利用できるので通常よりも多く窓を設置する事ができます。
なのでその分、日当たりも風通しも確保し、快適な家をつくることができます。

空間にリズムを生み出し、眺めてるだけでもワクワクできるスキップフロア。

そんな楽くなるスッキプフロアには、どんな特徴や効果があるのかをご紹介します。

 

スキップフロアとは?

 

スキップフロアとは、1階から2階の間にフロアを作り、段差をつけてることで空間をうまく使う建築の演出方法です。

見る人の目線に、高低差や動きが生まれてくるので、本来の床面積よりもさらに広く感じることができます。

また、1階から2階の間だけでなく、地下から1階の間、2階から3階の間、他にもほんの数段だけの場合などバリエーションは様々です。

なのでバリアフリーとは真逆の手法になります。

そういった点では、スキップフロアのメリットやデメリットを知り、目的に合わせて選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

 

スキップフロアのメリットとデメリット

 

スキップフロアのメリット

1. 空間に遊び心があり楽しい(まるで秘密基地があるような楽しさ)

2. 階が増えることで収納スペースが生まれる(空間の有効活用)

3. 壁がないので見渡しが良く、家族の気配を感じることができる安心感

4. フロア全体が広く感じることができる

5. 天井を高く設定する事ができる

6. 通常よりも窓を増やすことができるので日当たりや風通しが良くなる

 

スキップフロアのデメリット

1. スペースが増えることで建築コストがあがる

2. 施工ができる業者が限られる(CSホームズならおまかせください!)※施工事例へ

3. 空調の設備が増えので日常の光熱費が増える

4. 壁がないので遮音性が低い

5. バリアフリーと真逆の手法
次回はメリットデメリットについてさらに詳しく説明していきたいと思います。