お問い合わせ・資料請求
イベント

スタッフブログ

今日は職人さんと一緒にお勉強をしてきました。

カルクウォールとオガファーザーの施工研修会に参加して勉強してきました。 100年かけて石になっていく外壁カルクウォールは、スイスの漆喰です。他のメーカーの漆喰との違いは、接着剤等の不純物が入っていない本当の天然素材ですので、日光や風雨で劣化しないという特性があります。塗装等の塗り替えの必要も無く、いつまでも美しく外壁が保てます。

自然素材の壁紙オガファーザーは、ドイツの新聞紙の再生紙を使用しております。ビニールクロスとの違いは、紙ですので調湿効果が抜群で、珪藻土並みの調湿効果を持っています。また、自然素材の塗料デュブロンを塗ることで漆喰の様な仕上がりと、色の塗り分けも出来るので、オンリーワンの壁紙に仕上げることができます。しかも上から塗料を塗り替えられるので、20年間壁紙の貼り替えが不用です。

外壁も内部の壁も長く使えて、人に地球に何よりそこに住む家族に優しい、安心して暮らせる家。家族がずっと住む家だから、素材選びも大切にしていきたいですね(^^)