お問い合わせ・資料請求

完成見学会・イベント
イベント

スタッフブログ

名古屋で新築・リノベーションを手がけるCSホームズの武内です。

 

 

先日、かねてよりお付き合いのあるお客様から「今度メンズエステを開業するので、内装工事をお願いしたい。」とご依頼をいただきました!!

 

その名も…

おれの脱毛  DAN–

 

「“ゴリゴリの男臭い感じ”でお願いします。」とのことで、現在コーディネーターと一緒にアイデアを練りつつ[ご提案プラン]の作成を進めております(。 ー`ωー´) ☆

 

ちなみに、元々がオフィスビルの現場になるので、工事前の現段階ではこんな光景です。

ここからどのように“男前なエステ”へと変わっていくのか、今後に乞うご期待ください(`・ω・´)ノ

 

 

CSホームズの年内のブログ更新は、今回が最後となります!!

 

明日からは、前回ブログ記事でのお知らせのとおり、【年末年始のお休み期間】に入らせていただきます。

お客様には、ご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力のほど宜しくお願いいたします。

 

2018年、お客様をはじめCSホームズと関わりいただきました皆様へ、心より感謝申し上げます。

2019年も、CSホームズをどうぞ宜しくお願いいたします。

 

新しい年の、皆様のご多幸をお祈りいたしております☆彡

良いお年をお迎えくださいませ☀︎(*´︶`*)

名古屋で新築・リノベーションを手がけるCSホームズの武内です。

 

本日は、以前CSホームズにてお家のリノベーション工事をさせていただいたお客様から「バルコニーにデッキみたいなものを敷きたいので、相談に乗ってください。」というご依頼をいただき行なったバルコニーデッキの設置作業について、ご紹介いたします☆

今回の現場は、名古屋市千種区に在るマンションになります。

そこで、マンションのベランダ・バルコニーにデッキなどを設置する際の注意点も併せてお届けしていきたいと思いますΣb( `・ω・´)

 

マンションのベランダやバルコニーは、いわゆる『共用部』に当たります。

ですので、戸建てでよく見かけるような“造り付けのデッキ”は、実は管理規約などで禁止されている場合がほとんどなんですね(・ω・`;)

そういったこともありまして、お客様には簡単に取り外し可能なブロックタイプの“置くだけデッキ”をご提案させていただきました!!

 

1枚が30センチ角のブロックをツメに引っ掛けて連結しながら、順に並べていきます。

今回はお客様のご要望により、ウッドタイル芝生のデッキ材をミックスして敷き詰めました(*ゝω・)b

↓ Before①

↓ After①

敷地にピッタリ敷き詰めたいときは、最後の寸法が合わない部分のみカットしてはめ込み、完成です(*>∀<)b♪

↓ Before②

↓ After②

作業時間としては、2人で行なって大体半日ほどでした。

 

最近では、『ベランダガーデン』や『アウトドアリビング』として使用するなど、ベランダやバルコニーをご自身の好みの空間にアレンジするのも人気ですよね。・:*:・゚d(*⌒▽⌒*)b。・:*:・゚

ネットショッピングでも材料を揃えることは可能ですので、マンション等の場合は管理規約といった決まり事に気を付けた上で、皆様も是非DIYチャレンジしてみるのはいかがでしょうか☆

もちろん、CSホームズにてお家をリフォーム&リノベーション又は新築される際に、併せてご希望・ご相談いただくことも大歓迎です★

 

今回ブログに掲載させていただくにあたって、快く許可をくださいましたお客様へ、心より感謝申し上げます。

 

家づくりは完成したら終わりではなくて、お付き合いはむしろそこからが再スタートと考えております。

工事が完了した後でも、こうしてご相談いただけるのは嬉しい限りです(*^ ^*)

これからもお家で困ったことがあったときに、お客様にとって頼っていただける存在でありたいと思います!!

 

 

CSホームズでは、今週の29日(土)〜年明け1月6日(日)までを【年末年始のお休み期間】とさせていただいております。

 

2018年も、残すところあと数日。

来年も良い年にできるよう、今年やり残したことがないように、少しでも今できることを頑張りたいと思います(^ ^)

名古屋で新築・リノベーションを手がけるCSホームズの武内です。

 

本日は、日進市のマンション・I様邸にて行ないましたリノベーション工事について、Before&After形式でどんな風に変身したのかをご紹介していきたいと思います☆

今回の工事では、[閉鎖的]な空間(Before)を[開放的]な空間(After)にすることを目指しました(  ^ω^)b

 

まず、“キッチン”の壁を壊してオープンに。

↓ Before:LDKキッチン側

↓ After:LDKキッチン側

且つ“対面式キッチン”へと変更したことで、調理中でもお互いの顔を見ながら会話できるようになりました(^ ^)v

 

コストを抑えるため、床は“フローリング”ではなく単価の安い“フロアタイル”を採用しています。

↓ Before:LDK廊下側

↓ After:LDK廊下側

フロアタイルは、フローリングの代わりに使用されることが多く、木目調ではリアルな木目にこだわったものも沢山あります。

見た目は同じフローリング風で、フローリングよりも施工するための工程が減ることなどからコストダウンが図れる『木目フロアタイル』は、デザインとコストの関係を考えるときに大いに活躍してくれる床材になります。

↓ Before:LDKリビング・和室側

↓ After:LDKリビング・和室側

結果、低コストで、目指していた“開放的で明るいLDK”へと変身することができましたo(^▽^)o~♪

 

間取り図で比べてみても、元々の区切りがなくなり、広々空間となったのがお分かりいただけるかと★

↓ Before:間取り図

↓ After:間取り図

今までキッチンで家事作業をしているときには、見えづらかったリビングの様子。

一繋がりの空間となったことで、ご家族の存在をもっと近くに感じられるはずです( ˘ω˘ )

 

家づくりにおいては、「どの部分に重きを置いて考えるか」を始めにしっかりと決めておくことが大切なんだと思います。

「こういう家にしたい」の一番強く想う部分を主軸として持っていれば、場面としてデザインを取るのか・コストを取るのかなどの判断で、後々後悔することが少ないのではないでしょうか。

名古屋で新築・リノベーションを手がけるCSホームズの武内です。 

 

本日は、リフォームやリノベーション工事を行なう際に掛かる“養生費”について、ちょこっと豆知識をお届けしたいと思います☆

特にマンションでのリフォーム&リノベーション工事にあたって、よく見かけると思われる費用項目になります。

 

そもそも“養生”とは?

“養生”とは…

例えば引っ越し作業中、その周辺の壁や床に色々貼ってある風景をイメージしていただければ分かりやすいでしょうか。

建物・設備の工事作業中や完成後に傷や汚れが付かないようにビニールシート・莚(むしろ)・布・板などで覆ったり、工事現場で安心・安全のために災害防止の処理を施したりすることを言います。

マンションでのリフォーム&リノベーション工事としては、その工事による建物・既存の内装や設備・工事完了後の内装や設備・インテリア家具や家電製品などの汚損を防ぐために行なうものになります☆

“養生が必要な場所”は?

施工現場がマンションの場合、廊下・エレベーター・エントランスなどの『共用部』があります。

資材の搬入・解体資材の搬出といった作業をするにあたって、この共用部を通らないわけにはいきませんよね(^^;)

という訳でして、マンションによって異なりますが、“共用部養生”が必要となる物件もございます。

マンション共用部の養生を必要とする代表的な部位としては…

●共用廊下

●エレベーター内部

●エントランスホール

その他、共用階段や使用させていただく共用部の作業場周りなどなど…

現場となるマンションそれぞれの必要とされる養生範囲をしっかりと確認して、きちんと施した上で作業を行なっています☆

“養生費”って何だろう?

今回掲載した画像は、リノベーション工事現場である某マンションでの解体資材搬出時の共用部養生になりますが、使用したブルーシートのロールがざっと110メーター(*_*;)

これを搬入・搬出の際にその都度行ないます。

「見積りにある“養生費”って何?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、こういった養生をするための材料代や作業費が主になります。

現場マンションによって変わる共用部養生を施す部分、工事内容によって変わる養生を施す部分と、養生費は場合によって異なりますので、そこは注意が必要ですね★

 

どうぞ皆様、お見積りを見て、その中で「養生費って何だろう?」と思われたときには、こういうことをするための費用なんだと思い出していただけると幸いですm(_ _)m