fbpx
2016/4/15

意外と知らない「クローク」の意味って?

みなさん、今まで「クローク」という言葉を耳にしたことはありませんか?

旅館やホテル、結婚式場、劇場、美術館などで耳にしたことがある方もいるかもしれません。

また、住宅用語なので、お家の間取り図にその場所が表記されていることもあります。

ですが、実際のところどんな意味で使われているのでしょう?

そこで今回は「クローク」の意味や、似ている言葉である「クローゼット」との違いについてご紹介したいと思います!

 

「クローク」とは?

クローク【cloak】とは英語の言葉で外套(がいとう:防寒のために羽織る袖のないマント・とんび・ケープなどの衣類)を意味します。

今ですとコートやジャケットと同じ役割です。

また日本では「クロークルーム」を略して「クローク」と呼んで使われている場合が多いです。

昔から旅館やホテルでは、この外套(がいとう)の衣類や貴重品や携帯品などを預かり、収納保管をする部屋をさしていました。

他にも玄関口付近の靴を出し入れする場所を「シューズクローク」と呼んでいます。

 

「クローゼット」との違いとは?

クローゼット【closet】とは衣類や貴重品、雑貨、寝具などを収納保管するための家具(戸棚)であったりその空間を意味します。

 

ちなみに人が中に入ることができる「クローゼット」のことを「ウォークイン・クローゼット」と言います。

主に違いは収納用途です。また由来が「預かる場所」であったクロークルームはモノが限定されていますが、クローゼットは収納するモノがあまり限定されていません。

 

 

↓↓ リビングクロークを設置した施工事例はこちら ↓↓

 

 

≫2022年1月26日 追記:

本当に必要な「クローゼット」「クローク」とは?

 

いくら「クローゼット」や「クローク」が沢山あっても、

“必要な場所”に“目的に合った”

収納スペースでなければ 結局すぐに散らかってしまいます。

 

CSホームズでは、お施主さまに合った収納プランをご提案するため、
プロの専属「整理収納アドバイザー」と一緒に家づくりを行う
『整理収納サポート』を標準仕様(費用0円)で取り入れています。

 

片付けを楽にしたい・いつも綺麗な家でスマートに暮らしたい
・毎日子どもに「片づけしなさい!」というのがストレス…

 

そんな方におすすめな『整理収納リノベーション』個別相談会を開催中!

ご興味がある方はぜひ♪