fbpx

家づくりからできる地球環境を考え、 ミライの子供たちの 住みよい暮らしを守りたい。

CSホームズが考えるSDGs

子どもの頃と今を比べると、環境が大きく変化したと感じます。

以前は今ほど大きな河川の氾濫や洪水、ゲリラ豪雨のような激しい夕立が珍しかった。
冬は雪が積もり雪合戦をして遊んだ思い出があるが、今では雪が降ってもほとんど積もらない。

たった30年ほどの間で環境は大きく変わりました。
今の子ども達が大人になった時、一体どんな未来になっているのでしょうか。

未来の子ども達にとって住み良い環境を作り残していけるよう、私たちが今考えうることを実行していきたい。
それが私たち大人の責任だと考えます。

この想いはSDGS(持続可能な開発目標)に通じていると感じます。
「私たちが未来のためにできること」を合言葉に、CSホームズとしてこれまで以上にできることは何かを考え取り組んでいきたいと思います。

 

01

温熱環境に優れた住宅で健康を増進する

 

温熱環境に優れた性能の高い住宅は、子どもから高齢者まで多くの人の健康を増進します。
高齢者が健やかな日々を送れることで、共働き世帯の助けとなり世帯収入が増え、結果 子ども達の教育水準が上がります。
ひいては少子化の改善に繋がり・消費が促され・雇用の創出に繋がり・高齢者の福祉にも寄与できると考えております。

 

02

住宅の建設時・居住時・解体時までの一生涯の中で環境に負荷を与えない

 

家庭での家電製品やエアコンなどのエネルギー消費は1973年以降2倍以上に伸びています。
これは全エネルギー消費量の実に14.4%を占める割合です。
今後のエネルギーについて考えた時、家庭は最も重要な部門と言えます。
温室ガスの排出を減らし、永く快適に住める住宅をつくる事で、建設から解体までのサイクルを長くする。
これは省エネルギーを進めていく上で、私たち工務店が環境について直接関与できることです。
私たちはZEHや高耐久な住宅の普及に努めることが重要だと考えています。

 

 
03

限られた資源を有効に平等利用し、地球温暖化抑止に努める

 

CSホームズの住宅は温熱環境と耐久性に優れており、居住後の冷暖房負荷を減らすため省エネルギーです。
また太陽光発電等の再生可能エネルギーの使用によりエネルギーの自給率を向上させ、限られた資源を有効活用し地球温暖化の抑止に繋げます。
私たちは「健康的で快適な暮らし そして環境に配慮した」家づくりを大切にし、ZEH(※)の普及に努めています。
※ZEH=「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称 「消費するエネルギーより創るエネルギー」が大きくなる住宅

 

04

リノベーションでより良いまちづくりを行う地域密着の工務店

 

経済的にも健康においても、耐久性が低く長期に渡り使用できない住宅は建てるべきではないと私たちは考えます。
しかし高度成長期から今日まで、日本の経済と人口の増加に伴い住宅は住みやすさより供給が優先されてきました。
当時に建てられた住宅は、今よりも断熱性能や耐震性・省エネルギー効果が低いという特徴があります。
そして現在 人口の減少・少子高齢化の影響により、空き家が増えマンションも住み替えが進んでいます。
私たちは地域密着の工務店としてリノベーションを施すことで、古い住宅もより住みやすい環境にし、持続可能な街づくりに努めます。

 

05

女性が活躍出来ることで多くの幸せを創出する

 

弊社スタッフは半数以上が女性スタッフです。
家庭や小さなお子さんがいる女性でも働きやすい環境を整えています。
女性だけではなく全てのスタッフが、仕事と家庭を両立できる働き方を弊社では行っており、柔軟な働き方を可能にしたことで雇用の創出にも繋がりました。
また女性がやりがいを持って仕事ができる場所・活躍の場を作ることで、結果 家計の支えとなり、子どもの教育の充実に繋がり、将来豊かな暮らしを送る一助になれればと思っております。

 

 
06

目標達成の為に持続可能なパートナーシップを活性させる

 

私たちCSホームズは「共に学び楽しみ豊かな未来をデザインする」を理念としております。
住宅を建てるお施主様や協力業者様・設計士の方と共にパートナーシップを結び・学び・楽しみながら豊かな未来をデザインしていきたいと考えています。

 

MIRAIE 6つの家づくりはこちら