2019/9/6

岡崎市 Y様邸–根拠のある快適な暮らし–パッシブエアコンの魅力

名古屋で新築・リノベーションを手がけるCSホームズの中川です。

 

前回のブログ記事にて、日進市の新築戸建て–混構造のガレージハウス–I様邸について、特に魅力となっている特徴・家づくりにおけるこだわりポイントをご紹介いたしましたところ、大変ありがたいことにご好評の方いただきましたので、これまで以前の施工事例につきましても、「ココこそご紹介したい!」という部分をピックアップしてお届けしていきたいと思います!!

今回は、一昨年の秋にお家が完成して以来のお付き合いとなります、岡崎市の新築戸建て–根拠のある快適な暮らし–Y様邸におきまして、「一番の特徴」と言っても過言ではない『パッシブエアコン』にスポットをあててご紹介いたします(o・ω´・b)b☆

 

+αの快適性『パッシブエアコン』

パッシブエアコンとは、1台で全館空調が行なえるというエアコンです。

こちらのY様邸では、エアコン本体からダクトを通じて3種類の吹き出し口(床下・1階天井・2階天井)へ、冷房・暖房・除湿・換気などを行なっています。

本体は小屋裏に設置しており、室外機も1台ということで、屋内・屋外のどちらもスペース的にスッキリ収まるのもメリットの一つです☆゜:。(*´∇`)´∇`*) 。:゜☆

建築と空調設備が一体で考えられていることから、冷房・暖房運転時には涼しい・暖かい空気がお家全体にやんわり広がるため、エアコンの風などによる身体への負担やお家の中での温度差に悩まされることなく、「シンプルで快適な暮らし」へと導いてくれます。

 

夏は、頭上からの涼風で“さわやか”に

暑い夏場は、天井の吹き出し口から冷気が放出され、冷たい空気を頭上から屋内へ均一に送り出すことで、ムラなく最適な温熱環境を実現します。

<吹き出し口例①:1階リビング天井>

<吹き出し口例②:ダイニング天井>

<吹き出し口例③:2階リビング天井>

 

冬は、足元から家中“ぽかぽか”に

寒い冬場は、エアコンにより温められた空気がダクトを通じ床下へと送られ、床の吹き出し口から放出されるため、暖かい空気が足元から屋内全体をムラなく温めてくれます。

特に、冬の寒さで心配される部屋ごとの温度差による『ヒートショック』を防ぐことにもつながっています☆(゚v`d)

<吹き出し口例④:1階リビング床(窓際部分)>

 

一年を通して、“快適”に

パッシブエアコンの魅力は、夏場・冬場に限らず一年中快適な住空間を保ってくれるように「空気の流れをデザインする」というところにあります。

また、実は最もかかると言われているエアコン起動時の電力消費を抑えることは、住まいの省エネルギー・省コストにもつながりますし、暖房運転時のヒートショック対策、冷房や除湿運転時にはカビやダニの発生を抑制するなど、暮らしの環境や暮らす人々・ペットの動物たちの健康に関わる効果も大きなメリットと言えますね(人´v`)*゚☆

ホームページに掲載しております【お客様の声】でも、お施主様であるY様の【実際に住んでみての感想】として、《ヒートショック対策に採り入れたパッシブエアコンは、とても快適です。トイレ・洗面など寒くなりがちな部屋もホントに暖かく、どこに居ても過ごしやすいです。(※一部抜粋)》とのお言葉をいただきました。

パッシブエアコンを採り入れたことがちゃんとY様・ご家族様にとっての「快適な暮らしの根拠」となっていることを実感できて、とても嬉しく想いました(*^人^*)

 

CSホームズでは、「住まいの本質から考える家づくり」として、“永く住み継ぐことができる安全性”を考え、“ずっと住み続けたいと感じる暮らし心地をデザインする”ことを大切に、快適な暮らしの根拠となるポイントをお客様と一緒にお探しし、“お客様の望む暮らし”を反映させるお家づくりを目指しております。

お家に携わる皆で楽しみながら、是非ともご一緒に“お客様ならではの快適さ”を考えるお家づくりをしてみませんか(●^v^●)ノ・*☆