お問い合わせ・資料請求
イベント

スタッフブログ

中古のマンションをイメージすると、トイレやお風呂・洗面などの設備が古かったり、和室の部屋が多かったり、間取りが古かったり…と良いイメージを持たれない方も多いかもしれません。

しかし、そんなあまり人気のない物件こそリノベーションを行うのにコストメリットのある場合が多くあります。

中古マンションのリノベーションは物件選びが大切です。自分のライフスタイルに合った中古マンションを是非手に入れてく下さい。

ここでは中古マンションをリノベーションする5つのメリットをご紹介します。

1.新築マンションに比べコストメリットが大きい!

同じエリアで新築マンションを購入するのに比べ中古マンションは安価で購入できます。

新築マンションの場合予算が足りなくなることが多い人気のエリアでも中古マンションだとより選択の幅が広がり、ゆとりを持った資金計画が可能となります。

2.自分の好きなデザイン・間取り・設計が可能に!

すでに決められた間取りの新築マンション。中のデザイン・間取り・設計は個性のない(万人受けにするためにあまり個性は出せない)物件が多いです。ただし、リノベーションであれば自分の好きなデザイン・間取り・設計を楽しむことができ、自分のライフスタイルに合った住まいを作ることが可能です。

3.資産価値のある住まい!

古いマンションに耐久生・デザイン・機能を向上させることで資産価値の高い住まいを実現します。元々、資産価値の下がった中古マンションの場合、新築マンションと比べれば価値の下落は少なく、リノベーションの内容によっては購入よりも高い価格で売れる場合もあります。

4.建材の再利用でエコロジー!

新しいマンションや一戸建て住宅を建てるには大量の建築材料を必要とします。ただし、リノベーションの場合は元々ある中古物件の材料を再利用(一部)するなど産業廃棄物を削減することができます。

 

前回はリノベーションのメリットについてご紹介しました。

>>リノベーションのメリットに関する記事はこちらから

今回はリノベーションの3つのデメリットをご紹介しようと思います。

1.大型の工事のため入居までに時間がかかる

中古の一戸建てやマンションを購入する場合は、すぐに引渡が完了します。

ただし、リノベーションの場合は注文住宅と似ており、建物の現状の検査やデザイン・仕様などの打ち合わせ、またこそからの工事を行います。

建て売りとは違い自分の思いやこだわりを自由に盛り込めるため、設計やデザインは密に打ち合わせを行っていくことが重要となります。

ここをおろそかにしてしまうと、後から「何かが違う」となりかねませんのでしっかりと想いを伝えましょう。

2.築物件の耐久性・耐震性への不安

築年数が古い物件になると、建築基準法の改正前の状態の建物もはいってきます。

そのような物件は現在ほど厳しく管理されずに建築されている可能性もあり、

その場合、耐震改修などが必要になる場合があります。

そうなるとせっかくのコストメリットのあるリノベーションが、逆にコスト髙になるというメリットを生かせなくなりかねません。

建築基準法の兼ね合いや耐震性能についてはしっかりと調べてから購入に踏み切れば安心です。

3.住宅ローンが利用できないためローン金利が高くなる可能性がある

リノベーションの費用には一般の住宅ローンは利用できません。

リフォームローンを利用することが一般的なのですが、リフォームローンは住宅ローンと比べて割高な傾向があるため、ローンの金利が高くなります。

また、中古物件を購入した後に工事が行われるため、工事中の住まいとの二重払いが発生する場合があります。

資金計画をしっかりと立ててリノベーションをお考えください。

弊社には不動産部門もあり、住宅ローンについて詳しくご相談できる窓口も用意しておりますのでお気軽にご相談下さい。

 

原状の建物を間取りを変更したり、デザインを変えたり、耐震性や耐久性までを向上させるリノベーションが注目されています。

そんなリノベーションの基本的な3つのメリットについてお伝えしたいと思います。

また、もちろんメリットの裏にはデメリットもありますので、デメリットについてはまた後日記載していきます。

1.間取りにとらわれない自由な設計ができる

人それぞれのライフスタイルに合わせた住まいが実現します。

最初から決められた間取りで住むことをよぎなくされる(住まいに生活を合わせる)マンションや建て売りの物件とは違います。

・間仕切られた壁を無くして広々としたLDK。

・内装の壁は漆喰を塗りたい。

・無垢のフローリングに張り替えたい。

・アイランドキッチンでキッチンを中心とした暮らしがしたい。

十人十色のこだわりをつめこんだお家ができるのがリノベーションのメリットの一つです。

2.新築で家を建てるよりもコストカットをすることができる

新築の戸建て住宅や注文住宅を建てる場合と中古物件を購入しリノベーションした場合の費用を比べると、リノベーションの方が約2割程度安価にすることができます。

※立地・間取り・建材などが同条件の場合

高い買い物のため約2割といっても数百万単位となりますの大きなコストメリットとなります。

より条件の良い中古物件を購入することができれば、さらにコストを抑えることも可能です。

3.すでに建っている物件を見るため選択の幅が広がる

自分が望む立地の土地や間取りまどの条件を満たす物件を探すのはとても大変なことです。もちろん人気のエリアに空きが出るのはホントに運が良くないと難しいです。

しかし、リノベーションはすでに建っている中古の一戸建てやマンションなどから選ぶことが可能なため、

・閑静な住宅街に住みたい。

・利便性の良い駅に近いところに住みたい。

・とにかく街中で生活をしたい。

・田舎でひっそりとセカンドライフを送りたい。

など人それぞれにあった条件を探しやすくなるメリットがあります。

 

新築・リフォーム・リノベーション…どれが一番自分に合った方法かをお選びください。

ワンストップサービスってなんだろう?

 

ワンストップサービスとは、ひとつの会社のご案内窓口により、土地探しから資金計画や税金相談、ローンのお申込みまで、家づくりに関わることのサポートを、一貫して行うことのできるサービスです。

 

さまざまな会社の担当者さんとの確認・手続きを繰り返すことは、わずわらしさやストレスにつながります。

その結果、なかなかスムーズに進まないことで、楽しいお家のプラン選びや、理想的なインテリア選びの妨げになるかもしれません。

そうならないようにCSホームズでは、お客様がより良く楽しい家づくりができるよう、全てのサポートを一本化して、ワンストップサービスしていきます。

 

 

ワンストップサービスで一本化すること

 

例えば

・地盤調査      ・土地や建物の登記      ・火災保険

・土地探し      ・測量            ・農地転用

・建築許可      ・相続や贈与のアドバイス   ・資金計画

・土地や建物の登記  ・建築許可 etc…

 

CSホームズのワンストップサービスでは、各手続きをいつどこで何をすればいいのか、用意するものなどを随時、お知らせします。手続きを忘れてしまい、慌てる心配もなくなります。

ぜひ私たちにいつでもご相談ください。全力でサポートさせて頂きます。

 無垢のフローリングは、質感が柔らかく、心地よく素足に馴染むのが最大の魅力です。
ただ、無垢のフローリングは合板に比べるとキズがつきやすのがデメリットです。
せっかく無垢のフローリングにしても、キズが目立ってしまっては魅力も半減してしまいます。
そこで今回は業者さんの手を借りず、自分でもできる超ウラ技!凹みやキズの直し方をご紹介します。
無垢のフローリングの凹みやキズ直しに抜群の効果を発揮してくれるのは…スチームアイロン!
スチームアイロンを使えば、なんと長時間経過した凹みやキズでも、跡が消えて見違えるほどに修復されます。
1.凹みやキズの中にあるホコリや砂を掃除機で吸い込みます。
このホコリや砂は、水を含むと無垢のフローリングにこびりついてしまうので、あとで取り除くのが難しくなります。ですから十分に掃除機で取り除くことを、おすすめします。
2.スチームアイロンの蒸気を少しずつ、無垢のフローリングに近ずけてください。
3.蒸気を徐々に近ずけて、凹みやキズから1~2cmほどの感覚で固定し、蒸気を当て続けます。アイロンにスチーム機能がない場合は、凹みやキズに水をたらして数分間放置してください。木の繊維が水を吸水し浸透していきます。その後、濡らしたタオルやぞうきんを凹みやキズにあて、その上からアイロンをかけます。

それぞれ時間は、10~30秒が目安です。

無垢の木が水を吸収していき、熱を加えることでつぶれた繊維がさらに膨張します。

最後は凹みやキズが元の形に戻ります。

これは木の性質を生かした無垢のフローリングならではのウラ技です。

なにか木の強い意志や生命力を感じますよね。

最近よく聞くようになった「リノベーション」という言葉。

「リフォームとリノベーションって何が違うの?」

という疑問を持たれている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで「リフォーム」と「リノベーション」の違いについてご紹介します。

リフォームとは?

リフォームとは古くなったお家・アパート・マンションを新築に近い状態に戻すことを言います。

原状回復するということです。

「汚れているクロスを張り替える」

「古くなったトイレを新しいものに変える」

「キッチンが壊れたので新しいものに変える」

など使い古されたものをゼロの状態のものに戻すようなイメージのことを指します。

リノベーションとは?

リノベーションは、現在の家・アパート・マンションなどの建物を大規模に工事をし、原状回復以上に付加価値をつけること言います。

「壁を一部壊して間取りを変更する」

「老朽化した柱により強い耐震金具を設置する」

「クロスの壁をコンクリートの打ちっ放しのようなデザインにする」

など耐久性や耐震性だけではなくデザイン・生活動線、なども向上することが可能です。

家族の増減などにも幅広く対応できることが魅力です。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの大きな違いは

リフォーム「原状回復(マイナスのものをゼロに戻す)」

リノベーション「新築の時以上の性能・間取り・デザイン性にする(マイナスのものをプラスにする」

ということだと思います。

 

もちろん、新築以上の性能にするリノベーションの方が工事は大規模になります。

老朽化した物件をリノベーション目的で購入するという流れが流行っているのも

ご家族のライフスタイルやこだわりに合わせた家が新築よりもお値打ち(※)にできるからなのです。

※仕様・立地条件によります。

 

 

漆喰の壁といえば、西洋の白いお城であったり、フレンチ系のおしゃれなお店の外壁や内壁で使われていることを、連想します。しかし、歴史をたどると実は日本古来より、ずっと私たちの生活に溶け込んでいました。例えば古い寺社や蔵の壁、世界文化遺産に登録された数々のお城の壁にも漆喰が使われています。それは永きに渡って多くの人々に愛され続けていることにもつながります。

では、何故そんなにも愛され続けているのかを5つ、特徴もかねてその魅力をご紹介していきます。

 

1. 体にやさしい自然素材100%

石灰を主成分とした天然無機質。シックハウスの原因となる化学物質を一切含んでいない安心な素材。さらに樹脂やセメントを一切含んでいないため再利用ができ、自然に還すことができるのでエコロジーです。

 

2. 省エネ効果を発揮

無数の気孔が空気の層になり、外気温に影響されにくので、冬は暖かく、夏は涼しい室内環境が得られます。

また漆喰は不燃性の燃えない素材なので防火性がとても高くなっています。

 

3. 空気の浄化作用

主成分である石灰は、アルカリ性で防ダニ・防カビ効果があると言われています。ダニやカビなどのアレルギーをもつ人も

快適にお過ごしいただけます。また、タバコやペットの気になるにおいや、家の中の生活臭を吸着&脱臭するのでトイレや脱衣室にもオススメです。

 

4. 何度でも上から塗れるメンテナンス性

漆喰の多くは今ある壁の上から塗ることができるのでリノベーションにも効果的です。今ある壁紙をはがす必要がなく、ビニールクロスや砂壁、石膏ボード、繊維壁などにも使えます。
また、木材の上から塗る場合は、下地剤を塗ってから施工する必要です。この処理後、木材の上からでも塗ることが可能です。その他の素材でも下地材を塗り、下処理をすることでスムーズに塗ることができてきれいに仕上がります。

 

5. 多彩な色と優れたデザイン性

白が一般的なイメージの漆喰の壁ですが、中にはカラーの漆喰材もあります。空間のイメージを大きく変えたい場面にオススメです。やさしい印象のものから、少し濃い目のシックな印象まで多彩で豊富なカラーのバリエーションで演出可能です。

質感はフラットに仕上がるのも漆喰ならではの特徴ですが、塗り方によって壁のデザインを変えることもできます。

塗り跡をわざと残すことによって味を出し、センスあるデザイン壁にできます。凹みのついたニッチな壁にも相性のバランスがよく、様々なジャンルに対応します。

日本国内では、『いつどこで大地震が起きてもおかしくない』といわれています。せっかく建てたマイホームや、リフォームしたばかりのお家も震災で失ってしまったら….また、思い出の詰まった部屋が倒壊して無くなったら….

いえいえ、何よりも地震で恐ろしいことは、大切な家族を失ってしまったらどうしようということです。

 

その地震による被害を、未然に防ぐためには、まずはお家の防災チェックをしてみて、安全な住まいであるかを確かめていきましょう!

 

 

【防災チェックポイント】

 

1. 家具の上や高い場所にガラス製品や重たい物を置いてないかを確認して下さい

 

2. 部屋の出入り口や通路や階段に、物が置きっ放しになっていないかを確認して下さい

 

3. 畳やカーペットなど柔らかいものの上に背の高い家具を置いていないかを確認して下さい

 

4. 家具の上のほうが壁から浮いて室内側に傾いていないかを確認して下さい

 

5. 照明や額、棚など吊っているものはしっかり固定されているかを確認して下さい

 

6. 複数の引き出しがある家具で上の引き出しに重いものを入れていないかを確認して下さい

 

7. 高齢者の方や乳幼児がいるお部屋に背の高い家具を置いていないかを確認して下さい

 

8. キッチンのコンロなど火があるところの周囲に可燃物を置いていないかを確認して下さい

 

9. ベランダやバルコニーから地震の時に落下しそうなものがないかを確認して下さい

 

10. 開き戸は中のものが崩れても開かないようになっているかを確認して下さい

 

11. ガラスに飛散防止のシートなどが貼られているかを確認して下さい

 

12. 万一のときの避難経路は確保されているかを確認して下さい

 

 

もっとお家が安全な住まいであるかを確かめたい方は、耐震性能をチェックできる方法として、一般財団法人 日本建築防災協会の「誰でもできるわが家の耐震診断」で診断を行う事をおすすめします。

大切な命に関わる事ですので一度じっくり、住まいを点検してみてください。

 

※一般財団法人 日本建築防災協会ホームページへリンクします。

人と環境に配慮した羊毛断熱材、それが『ウールブレス』

羊毛断熱材「ウールブレス」は”夏は涼しく、冬は暖かい”自然素材からできた安心の羊毛断熱材です。
ウールの持つ力で、家の中を常に最適な湿度にキープし、汚れた空気を浄化してお部屋の中に広がる快適空間を作り出します。シックハウスの原因となる有害物質も含まず、自然素材を使用した安心の断熱材です。

■ウールブレスはは”夏は涼しく、冬は暖かい”優れた断熱性能!

ウールは繊維が縮れているために空気をたくさん蓄えることができます。さらに、ウールは熱伝導率が優れており、繊維組織内にある空気が外部の空気の進入を防ぎ優れた断熱効果を得られます。

 

省エネ基準の家に比べて年間60%の暖房費を節約可能
※ CO2も45%(960kg)削減。

※次世代省エネ基準(平成11年基準)の仕様で、ウールブレスを使用し、全館連続冷暖房を使った場合

※あくまでも、シュミレーションでございますので、実際の冷暖房費、CO2の削減を保証するものではありません