お問い合わせ・資料請求
イベント

スタッフブログ

DSC_8383

みなさん、日頃お家で本を読む機会はありますか?

本と一口に言っても種類は豊富で、雑誌や小説、絵本にマンガ、写真集、辞書、カタログ、図鑑などなどたくさんありますよね。

そして本は大切に本棚や収納スペースへ入れて保管すると思います。

その時の整理の仕方は、個人的なこだわりが多かれ少なかれ出てきます。

今回はそのこだわりを、参考にしたくなるような一例をもとにご紹介したいと思います。

そして思わず試してみたくなったり、今後に取り入れていただけると幸いです。

DSC_7922

本をオシャレに収納するコツ

まず、本棚や収納スペースに本を入れる時、重要なことは、「見せる意識」です。

もしも、誰にも見せたくない空間だとしても、見せる意識がなければ乱雑になりオシャレを維持することは難しくなります。

そこで、本棚や収納スペース自体がオシャレであるかは別として、本の並べる順番や見せ方をご紹介します。

 

1.   本の高さをそろえて並べる

基本的なことですが、1番きれいに見せることができます。本のジャンルは関係ありません。高さだけに着目しましょう。

そして、同じ高さの本をそろえた後に、大中小や小中大といった高さの順番もそろえるとさらにきれいに見えます。

 

2.   リズミカルに並べる

波線のように、大中小中大と意図的に並べるときれいなアーチでオシャレに演出できます。

両側から左右対称にしたり、バランス良く並べることできれいに見える効果があります。

 

3.   同じ色にそろえて並べる

次は高さではなく、本の色だけに着目してみましょう。

同系色にそろえてみて色がきれいに見える配置で並べていきます。

その時に、グラデーションのように徐々に色を変化させたり、隣同士がきれいな配色になる組み合わせや、明度差のあるまったく違う色同士でメリハリをつけて変化を与えるのも面白いかもしれません。

本の種類や数が多ければ、1番と2番の高さをそろえた状態で色もそろえると、さらにきれいに見せることができます。

 

4.   すき間を詰めない

本屋さんや図書館のように、本を並べる時に、端から端までピッタリと埋めたくなるかもしれません。

一見きれいに見えそうですが、すき間がない状態は圧迫感を感じたり、本の出し入れの際も大変困難になるので実用的ではありません。

ですので本棚や収納スペースに、あえて空間に余裕を作りましょう。

その空いたスペースに好きな生活雑貨や小物をディスプレイして飾ったりしてはいかがでしょうか。

うまく組み合わされば、センスの光るオシャレな空間に仕上がります。

 

5.   本屋さんや図書館のように、表紙が見えるように飾る

スペースに余裕がある場合は、遊び心を加えて本の表紙が見えるように飾ってみてはいかがでしょうか。

本の表紙に写真やイラストがあれば、ポスターや絵画のように絵を楽しむことができますし、本屋さんや図書館のように手にとってみたくなりますよね。

もしも小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でしたら、絵本をマガジンラックのように表紙を並べて配置すると、さらにお子様も本に対しての愛着がわきます。

ぜひ、お試しください。

 

6.   写真やノートはファイルボックスでスッキリまとめる

写真やノート類は、薄いので本と一緒にすると紛失してしまう恐れがあります。

そんな時には、ファイルケースやファイルボックスの中にひとまとめにして収納すると大変便利です。

その時にファイルケースやファイルボックスも本と同様に高さや色を合わせて並べることをお勧めします。

あくまでも名脇役として主役(本)を引き立てるポジションです。

ポイントは全体のテイストに合う落ち着いた色を選ぶことです。

 

 

本をオシャレに収納する場所

みなさんがお家で本を読む、最適な場所はどこですか?

例えば自分の部屋、茶の間、書斎、キッチン、ベランダやウッドデッキなどなどお家の中にいくつも存在しています。

その中でも圧倒的に人気が高い場所は、上記にある自分の部屋と茶の間です。

それは、最もリラックスできる場所であることが1番の理由になると思います。

そしてその場所には本棚があり、手に取りやすく、読み終わればすぐに片付けることができる利便性からです。

最後に、利便性が高く、本をオシャレに収納する場所で、これから参考にしたくなるような一例をご紹介したいと思います。

名称未設定-1

階段の段差を利用したオシャレな本棚

階段の一段一段に本が収納できるように、奥行きを持たせた設計です。

自然な木目が優しい雰囲気を演出した温もり溢れる空間です。

スキップフロアで段階を分けているので、距離も短く角度も低いので安全性が増しています。

開放感のある吹き抜けの天井や、太陽の光を気持ち良く感じられるよう設置された通路を照らす窓でリラックスしながら階段や隣のリビングで読書ができます。

壁面の白い本棚は空間を仕切る効果もあります。

見た目も機能面も全てを充実させた、家族のふれあいを1番に考えたCSホームズ独自の提案です。

 

家づくりの間取りを考える時にすごく重要になるのが「家事動線」を考えるということです。
見た目だけの理想を追い求めるあまりキッチンとキッチン収納の距離感がすごく離れているなど
生活する際に様々な問題が発生する場合があります。
また、家事が楽になればそれだけストレスや時間を軽減することができます。
そうすれば夫婦関係・家族関係もさらに円滑にもなります。

そこで今回は「洗濯」についてスポットを当てたいと思います。
洗濯は「洗う→干す→たたむ→しまう」流れで『洗濯』という家事は行われます。
洗うだけで終われば1つの場所で完結することができる『洗濯』ですが、それぞれの行為にそれぞれの場所が必要になってきます。

洗濯機に入れるための脱衣所、洗濯機の場所、洗濯を干す場所、洗濯をたたむ場所、家族一人一人の洗濯物をしまう場所

これだけの場所が存在するのです。
この位置関係をそれぞれの位置が近い、もくしは流れに沿ってある程度位置が固まっているなど
距離感を考えながら間取りを考えることが重要になってきます。

【洗濯機の脱衣所からベランダに出ることができる】
これは洗濯→洗濯物を干すまでの距離感が近いのでとても速やかに洗った洗濯を干すことができます。
また、その洗濯脱衣所のとなりに洗濯物をたたむことができるワークスペースなども設けるとさらに便利になりますね。

【2Fに洗濯機を置き、バルコニーと各部屋への距離がすぐ】
2Fに洗濯機洗面所を配置すればバルコニーへの距離、各部屋の洗濯物の片付けがとてもスムーズになります。
さらに2Fの廊下に作り付けのワークスペースがあれば、そこで洗濯物をたたむこともできるためとても便利です。

他にも様々な間取りをご紹介していきたいと思いますので、
実際の間取りを交えながら都度ページを更新していきたいと思います!

CSホームズでよく使用される無垢の床材「オーク」。
落ち着いた色合いで人気の種類の木材です。

洋酒の樽や船の材料として使用されてきたオークは、高い耐水性と耐久性を持ち合わせています。
そんな優れた耐久性から高級家具をはじめ、炭や野球のバットなど幅広く使われています。
木の質感としては硬く、無垢材特有の「傷」が気になる方にはおすすめの木材です。

日本で使われているフローリング(無垢フローリング・合板のフローリングともに)などの柄にもオーク柄が非常によく使われています。
そのため、キッチンと木の質感を合わせたい、家具と木の質感を合わせたいなど床材以外と組み合わせることができます。

また、オークの木目にはバリエーションが豊富なことも特徴です。
バリエーションを合わせて統一感を出すと洗練された印象になりますし、バリエーションを組み合わせることで少しやわらかい雰囲気を出すこともできる万能な無垢材です。
壁紙の色も様々な色合いと合わせることができるため、個性的なお部屋にも柔軟に対応することができます。

CSホームズではよく「落書き黒板」をお家に取り入れています。
それは、CSホームズの家づくりが「家族とのコミュニケーションを大切にする」という家づくりを行っているからです。
ではなぜ「落書き黒板」があることで家族とのコミュニケーションが取れるのでしょうか?

今の時代、家にはテレビやビデオ、デジタル製品から始まり、さらにIpadなどのタブレットからスマートフォンまでとても便利な時代です。
しかし、そんな時代だからこそ今アナログのコミュニケーションツールが見直されているのです。

小さなお子様がいるお家こそ私たちがおすすめしているのが「落書き黒板」です。大きいものになると壁の一部を黒板にすることもあります。
壁にいたずらがきをしても叱られないなんて…子供には夢のような話ですね!
黒板と言っても学校にあるようなチョークを使うような黒板ではありません。
プレートのようなものをはりつけるものから、塗料を塗布して黒板にするものまで様々です。

パパと一緒にお絵かきをしたり、勉強から伝言まで…
「家族のことを伝える場所」として存在してくれるのがこの「落書き黒板」になるのです。
もちろん、こちろん子と親だけではなく、仕事に忙しい旦那様と奥様とのコミュニケーションにも使うこともできます。

机の上でお勉強、紙に書いて伝言などもできますが、家族で一つのものを共有し、それが家の中での大きなツールとして存在することが
家族にとってのコミュニケーションを促進することに大切な役割を果たすのです。

99d23c45852f0a954c159ed3dc71842d_m

毎日 料理を美味しく作る上で、キッチンは快適で楽しい場所にしたいですよね。

その中でもキッチンのコンロは、料理の味や、キッチンの見た目にも大きく左右します。

そこでタイプの異なるのが、IHコンロ(またはIHヒーター)とガスコンロです。

特に新築のお家を建てる方や、リフォームを今からお考えの方、コンロを交換される方にっとって、どちらにするのかは悩みどころですよね。

そこで今回は各コンロの特徴やメリットとデメリットをそれぞれご紹介したいと思います。

そしてみなさまがそれぞれを比較した時に、どちらの方が理想的か判断をする参考材料になれば幸いです。

 

6e47436c01aa961c19fcf81f3d2f5258_m

IHコンロの特徴

 

金属なべの底を電気の磁力を利用して加熱する仕組みです。

形状はフルフラットでガラス張りの天板のものが多く、すっきりとした見た目が特徴的です。

ちなみにIHとタイプが似ているラジエントヒーター、ハロゲンヒーターもセットで機能搭載されたコンロもあります。

どちらも主にIHとは異なり、磁力ではなく直接的に加熱します。触れると火傷をする恐れがあるため注意が必要です。

 

 

IHコンロのメリット

 

  • 電気で熱をおこすため、炎は出ないのでキッチン周りが熱くなる心配はありません。特に夏場は差が出やすく実感できます。
  • 水蒸気や熱気が少ない発生で留まります。お部屋の結露も減少するので空気が汚れにくなります。
  • ガスを使用しないため、ガスコンロのような立ち消えや吹きこぼれ、服裾などからの貰い火の心配がなくなるので安心です。
  • 加熱の状態が液晶表示され、保った姿勢のまま調理ができるので快適です。
  • タイマー機能や、細かい温度設定がボタン1つで簡単に調整できるので大変便利です。
  • 艶のあるプレートタイプなのでお掃除やお手入れがサッと拭いて終わりなのでラクラクです。

 

 

IHコンロのデメリット

 

  • 磁力を利用しているため、心臓にペースメーカーを使用している方の場合は、事前にお医者様へ相談が必要になります。
  • 最近では種類も豊富ですが使える鍋の素材は制限されています。主に、ステンレス・鉄製の12〜26cmで底が平らであれば対応します。特に、オールメタルのコンロのタイプは金属製全般の鍋が利用可能になります。
  • 土鍋やガラス鍋はIHに対応していないのが難点です。
  • 熱の伝わる強さが調理器具の性能によって異なります。
  • 一般のガスコンロと比較すると機器の値段は高価になります。

 

 

4ba9d502f8605621b7f13560d14419e3_m

ガスコンロの特徴

 

ガスコンロはその名の通り、ガスを利用して着火された火で加熱する仕組みです。

実は最近では、ガスコンロも進化していて大きく2つのタイプに分類されています。

1つは、従来のイメージである、別売りで簡単に取り替え可能なガスコンロ。単体でキッチンに設置するタイプです。

そして、システムキッチンに一体化されたコンロでIHコンロのような形状がフルフラットでガラス張りの天板にゴトク(鍋などの調理器具をかけて支える火の周りにある金具)が設置されているタイプです。

簡単に考えれば、ちょうどIHコンロと従来のガスコンロと中間に位置するモノになります。

はめ込み式なのでビルトインガスコンロとも名称されています。

 

 

ガスコンロのメリット

 

  • ガスコンロ特有の見た感覚で火力を調整できるので、調理もスムーズになります。
  • 火力の強い炎を起こすことで、宙に浮かせたあおり(フライパンなどを振る動作)やフライ返しが加熱しながらできます。強火を必要とする中華料理や炒めものに便利です。
  • 中華鍋や土鍋を使った料理ができます。どの調理器具にも対応しています。
  • 網を使って調理バーナーのように焼き物や炙り料理ができます。
  • IHコンロと比較すると機器の値段はIHコンロよりも安価になります。

 

 

ガスコンロのデメリット

 

  • 火力によって、キッチン周りが熱くなります。特に夏場は暑さを感じやすくなります。
  • 熱気の発生で、キッチン周りやお部屋に結露が増えたり空気が汚れにくなります。
  • ガス漏れや火に対しての火災の心配があります。特に小さなお子様がいるご家庭には注意が必要です。しかし、最近では事前に危険を感知するSiセンサー搭載のガスコンロが主流で安全になりました。
  • IHコンロと比較すると、お掃除やお手入れに手間がかかります。ビルトインガスコンロは、ゴトクがコンパクトになり、お手入れもしやすくなりました。

 

456b88bfc7e1f15cc8e7f159f9850c01_m

キッチンコンロ選びのポイント

 

一概に、どちらが快適でお得かは、使う人や作る料理、お家の電気料金プランによって異なります。

どちらにも優れた点があり難点はあります。

ポイントは、優先順位をつけて何を決め手にするかが重要だと思います。

例えば、土鍋を使ってご飯を炊きたい方、あおりやフライ返しで中華料理や炒めものを作りたい方でしたら、ガスコンロが魅力的だと思います。

キッチンをスタイリッシュに見せたかったり、日常のお掃除やお手入に手間をかけたくない方でしたら、IHコンロが魅力的だと思います。

また、使ったことのないキッチンコンロをお持ちのご友人やお知り合いの方に率直な感想を聞いたり、実際に見せてもらうのも得策です。

 

もちろん、CSホームズでは、キッチン周りを含め、お家のリフォームでお悩みの方に、ご満足いただける最適なアドバイスをいたします。是非、お気軽にご相談ください!

※施工事例へ

a85208a7299179b119589695dacfe25e_m

362aa3e1349c8bfec5b0d71c2d66edba_m

 

みなさん、お家を建てたときや、お引越しをしたときに、家内安全を願うための神棚をどこに設置したらいいのか迷った経験はありませんか?

もしも知らずに間違った場所に置いてしまったのならせっかくの御利益も、相性次第では逆効果なんてこともあるかもしれません!

そこで今回は意外と知らない神棚の最適な場所についてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

神棚の最適な場所

 

基本的に、神棚はお祈りをするための場所になるので客室のような場所が好ましいでしょう。

ほかにも神棚は、家内安全を願う守り神なので、家族が集う場所や目が届く近い場所がよいとされています。

そして光が入ってくるような、明るく清潔な場所が最適です。

 

逆に、ジメジメした場所や不衛生な場所は避けましょう。油汚れなどを考えるとキッチン周りもよくありません。

ちなみにキッチンは、火の神様で知られている「荒神様」を祭る場所になります。

ほかにも人が頻繁に行ききするような通路や玄関、プライベートな寝室に子供部屋なども好ましくありません。

 

■最適な場所・・・ 客室・居間・光が入る明るい場所

■NGな場所・・・   キッチン・頻繁に行ききする通路・玄関・寝室・子供部屋・ジメジメした日陰の場所

 

 

神棚の最適な方角

「神様は北の方角から司ってやってくる」といわれています。

ですので神棚は基本的に『南の方角』へ向けることが習わしとなります。

それが難しい場合は、次に東向きも良いとされています。

もちろん、神棚を基準にしてお家が全て建っているわけではありませんので、多少の方角のズレは問題ありません。

 

逆に、北向きへ向けることは大凶を意味し、西向きは凶をとされていますので、こちらは避けましょう。

また、陰陽道で鬼が出入りする鬼門は、北東の方角で、さらに真逆の方角である南西は裏鬼門になります。

こちらの方角もできる限り避けた方が良いでしょう。

 

■最適な方角・・・ 南・東の方角へ向ける

■NGな方角・・・   北・北東・南西へ向ける

 

 

神棚の最適な高さ

 

最適な場所と方角が決まったならば、次は設置する高さです。

基本的には、お家の中で一番高い場所で、大人の目線よりも高い位置が好ましいですが、だからと言ってロフトや物置きの部屋のような、家族のまったく目の届かない場所は好ましくありません。

ましてや、神棚は神聖なる領域ですので、上下むやみに物を置くことも人が通ることもNGです。

それでもマンションや2階建て以上の家で、どうしても上の階に神棚を設置する場所がない場合は、ここが一番高い位置と示すための雲の飾りを部屋の天井に貼ることをお勧めします。

雲は、紙の素材や木製の木彫りが一般的になります。

そして、心を込めたおもてなしの意味合いとして、神様が好きなお米や塩やお酒、神様の世界とこの世をつなぐ緑の榊(さかき)でお出迎えをしましょう。

 

ですが、神棚の設置場所は、現代のライフスタイルの変化に伴いとても限られています。

そして、上記の条件を、すべて満たすような最適な場所が見つからないと悩んでしまう方も多いと思います。

その場合は、設置場所を消去法で決めていくことをお勧めします。

NGの場所は選択肢からどんどん外していき、最後に残った中で、最も明るく清潔な場所が神棚の最適な場所になります。

 

さいごに

最近では、和室だけでなく、現代インテリアにも合うようにシンプルでおしゃれな洋風テイストの神棚も存在しています。

コンパクトであったり取り付けも簡単にできるところがいいですね!

タイプやカラーバリエーションも豊富ですので是非、オシャレな神棚で空間演出も楽しんでみてください♪

 

■モダン神棚のオンランインショップ KAMIDANAさんの『KAMIDANA01 ホワイトモダン』です。

k01_image1

 

※モダン神棚のオンランインショップ KAMIDANAさんのホームページへリンクします。

 

 

■神棚ラボ モダン神棚専門店さんの『 HITOE(ひとえ)・FUTAE(ふたえ)』です。

f-topnew

 

※神棚ラボ モダン神棚専門店さんのホームページへリンクします。

家の土台となり、家そのものを支える基礎。
地震が多い日本にとっては家を支える部分として、とても大切な部分です。
耐震性・耐久性の高い家をつくるにはまずこの基礎を考えることがとても重要になってきます。

それでは日本の家の基礎にはどのような種類があるのでしょうか?

ベタ基礎

お家が建て予定のほとんどをコンクリート覆い、面で支える基礎となります。
建築予定地をほぼコンクリートで埋めてしまうため、コンクリートを使用する量が増えるため他の基礎工事よりも資材費用がかかる場合があります。
ただし、全体を覆うことから、シロアリから家を守ることができたり、建物が不揃いに沈下を起こすような不同沈下に強い側面があります。

 

 

布基礎

家の主要構造部(外周部分や間仕切りの壁や柱の入る部分)の軸組の下部にを中心に┴字型の断面形状をした鉄筋コンクリート造の基礎です。
家の建つ部分のほとんどを覆うベタ基礎に比べて資材を少なく抑えることができるため資材面でのコストは安価になります。
ただし、ベタ基礎よりも手間がかかるため、人件費のコストが必要となってきます。

独立基礎

建物の主要部分(住まいエリア)以外に、基礎が必要となるケースがあります。
玄関のポーチを支える、デッキ部分を支えるなど、独立して支えが必要な部分に使用する方法です。
これは、独立フーチング基礎とも呼ばれ、家の作りによって必要となることがある住宅基礎です。
上記の「ベタ基礎」「布基礎」とは連続しないもので、点として存在するのが基本です。