お問い合わせ・資料請求
イベント

スタッフブログ

welcome-1539476_1920

 

無事にリフォーム工事が終わりましたら、次はいよいよ完成されたリフォーム箇所の出来上がりを最終チェックしましょう。

リフォーム完成時にはご了承の上、お客様とリフォーム業者さん、または大工担当者さんが一緒になって見積書の注文通りにできているかを確認していく『リフォーム完成検査』があります。

特に、リフォーム箇所にキズがないかのチェックや電気機器がしっかり作動するかなど、さまざまなチェックをする項目があります。

そこで今回は、お引渡しの前に最終確認をする各箇所の確認ポイントについてご紹介したいと思います。

 

 

eye-tracking-1791845_1280

 

外装リフォームをチェックする場合

 

屋根や高い位置にある外壁や窓は、中々確認がしづらいかもしれません。

また、外装の確認だけでない場合は、全てをくまなく確認することは容易ではありません。

そのような場合は、完成間近な日(3日前くらいから)に現場見学に行き、見れる部分は事前にチェックしておくことをお勧めします。

もちろんフライングにはなりますが大切なお家にとって重要なことですの問題はありません。

ここで特に確認すべき点は主に5つです。

 

7258df0d0d62fcccb95cdbeef8359387_l

 

6ef3e6b28a55f00f71add7c39349b042_l

2dd84ced2adb361025aa5f2b8fda23d8_l

【屋根・外壁・窓】

1. ペイントなどの塗りムラ・色ムラや液垂れはないか仕上がり状態の確認

2. 屋根周辺の付属部分が外れてないかや外壁部分に反りやヒビ割れ、ズレがないかの確認

3. サイディングやALCなどの隙間を埋める目地のシーリング・コーキングがしっかりコーティングされているかの確認

4. 足場が組んであったところにキズや汚れが残っていないないかの確認

5. ゴミや必要のないものが落ちていないかの確認

 

 

 

252582b5b7d54cc826d54cb152cfd20f_l

 

室内リフォームをチェックする場合

 

外装リフォーム同様に確認する箇所が多い場合は、見落としてしまう可能性もあるので完成間近な日(3日前くらいから)に現場見学に行き、見れる部分は事前にチェックしておくことをお勧めします。

もしもご都合上で事前に確認ができなかった場合は、当日は1人ではなく、ご家族の方と一緒にチェックするこで見落としも防げて効率よく確認ができると思います。

ここで特に確認すべき点は主に各箇所5つです。

 

 

4dde01ad03ce8a529b6a29206e32454b_l

【床・天井・壁】

1.  歩いた時に床鳴りやきしみ音がしないかの確認

2. 床・天井・壁の四隅にはがれがないか接着や結合不良の確認

3. クロスの浮きや凸凹になっていないか歪みの確認

4. のり跡・キズや汚れが残っていないないかの確認

5. ゴミや必要のないものが落ちていないかの確認

 

52455a7345ba33f60d1ccb1584d15afa_l

【木製の建具・建て付け(ドアや窓や飾り格子など)】

1.  開け閉め動作やスライドした時に不具合はないかを確認

2. ビスに打ち忘れやボルトなどの締め忘れがないかを確認

3. カギの施錠具合の確認

4. 和室の場合、障子の破れや付属品の有無の確認

5. 窓のケーシング枠の納まりの具合を確認

 

 

986db3d2cf7064aebe1263ae31bd0564_l

 

【電気設備(コンセントやスイッチや照明器具など)】

1.  各機器のメーカーや仕様は指定通りかを確認

2. コンセントやスイッチの配置場所と数は指定通りかを確認

3. コンセントを挿したりスイッチを入れた時に確実に全て通電して機能するのかを確認

4. 各機器が破損していないかやしっかり固定されているかグラつきの確認

5. 取扱説明書や保証書がそれぞれにあるかの確認

 

 

29ad9579a0c7e4a5adcbf30536351276_l

 

【水廻りの設備】

1.  各機器のメーカーや仕様は指定通りかを確認

2. 蛇口や排水管に水漏れはないかを水を流して確認

3. 各機器の電源を入れ正常に作動するかを確認

4. 各機器が破損していないかやしっかり固定されているかグラつきの確認

5. 取扱説明書や保証書がそれぞれにあるかの確認

 

 

DSC_0014

 

リフォーム完成検査の注意点

間取り変更や各箇所の仕様変更、または追加オプションを行った場合は特に図面と仕様書を照らし合わせて検査時の説明が一致しているかをよく確認してください。

もし気になる点があれば、その都度お立ち会いの担当者さんに質問をして1つ1つ問題を解決していきましょう。

 

 

完成お引渡し

いよいよ完成!そしてお引渡しになります。

お引渡しの時にはお家のカギの受け取りがありますが、取扱説明書や保証書はじめとした様々な書類も受け取ることになりますので、各書類を保管するためのファイルを用意し、仕分けておくことで後々にわかりやすくなります。

また、お引渡しを無事に終えてもこれからリフォーム業者さんとのお付き合いはお家のアフターメンテナンスとして続いていきます。

ですので、お引渡し時には次のようなことを確認しておくといいと思います。

 

1.お引渡し後のご連絡先とアフターメンテナンスの担当者さんの確認

2.アフターメンテナンスの時期の確認

3.各設備の保証書の受領を確認

4.保証の範囲と保証期間を確認

 

child-1568551_1920

 

リフォーム工事を始める前に行うご近所の方々へのあいさつまわりが無事に終われば、いよいよリフォームの着工に取り掛かります。

大きな規模のリフォーム工事の場合では、不要なの物を撤去したり大掛かりな片付けの作業、他にも仮住まいに移る際の手続きが必要になります。(電気・ガス・水道の使用停止手続きや郵便局での転送手続きなど)

荷物や家具の運び出しが必要な場合や手続きに関することはリフォーム業者さんとしっかり打ち合わせをして全て事前に済ましておきましょう。

 

また、着工してから完成するまでの間、リフォーム工事がどんな段階を経て完成に近づいていくのかを、時間がある時にできる限り見ておくといいかもしれません。

自分の注文通りにできているかチェックすることはとても重要なことだと思います。

その時に感じた意見や、配置に関する細かい位置などをリフォーム業者さんや大工担当者さんが汲み取って下さり、そのまま反映されるケースもあるからです。

 

リフォーム工事の期間(工期)は、リフォームをする規模や内容によって異なりますが、今回は水廻りを中心に各リフォームの箇所でおおよそどのくらいで完成するのかをご紹介したいと思います。

ご家庭の中で水廻り(キッチン 浴室 トイレ)は使用頻度が高く、湿気もたまりやすく特にダメージを受けやすい場所です。

それだけにリフォームのご依頼の中でも、ご要望がいちばん多い箇所になります。

 

 

 

 

611bbaaf4949f2744c4e9118fd1e1a91_l

 

水廻り(キッチン  浴室  トイレ)リフォーム工事の期間(工期)の目安

 

リフォーム工事の期間(工期)は、各業者さんによっても、現場やその日の天候によっても大きく変動しますのでご注意ください。あくまでも目安として参考にしていただけると幸いです。

キッチンのリフォーム工事の場合

 

cs%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e8%a1%a8%e3%83%bb%e5%86%99%e7%9c%9f

 

○ システムキッチンからシステムキッチンへの取替&取付け・・・約2〜3日

○ 単品キッチンからシステムキッチンへの取替&取付け・・・約3〜4日

○ ガスコンロからガスコンロへの取替&取付け・・・約半日

○ ガスコンロからIHコンロへの取替&取付け・・・約半日〜1日

○ ガス給湯器からガス給湯器への取替&取付け・・・約半日〜1日

○ 灯油給湯器からガス給湯器への取替&取付け・・・約半日〜1日

○ ガス給湯器からエコキュート給湯器への取替&取付け・・・約2日

○ ガス給湯器からガス給湯器への取替&取付け・・・約半日〜1日

○ オール電化リフォーム・・・約3日

 

主な工事内容

◽️ 内装工事・・・天井&壁面の塗装やクロスの張替え。フローリングの張替え。オーダー家具や建具の設置など。

◽️ 電気工事・・・電気配線の設備及び交換&変更。照明の設置など。

◽️ 衛生設備工事・・・空調や排水管や給湯器などの衛生設備の設置交換&移設など。

◽️ 解体撤去作業・・・必要のない廃材部分を取り壊し、撤去や処分をします。

 

 

 

浴室のリフォーム工事の場合

 

cs2

 

○ 戸建て・一軒家のユニットバスの取替&取付け・・・約1週間前後

○ マンションのユニットバスの取替&取付け・・・約2〜3日

○ 在来工法の浴室からユニットバスへのリフォーム・・・約1週間〜10日

○ 洗面化粧台の取替&取付け・・・約1日

○ 蛇口のみの取替&取付け・・・約1時間

 

主な工事内容

◽️ 内装工事・・・ユニットバスの組み立て設置。天井&壁面の塗装やクロス&パッキン(パテ)部分の張替え。フローリングの張替え。サッシの取替&取付け。オーダー家具や建具の設置など。

◽️ 電気工事・・・電気配線の設備及び交換&変更。照明の設置など。

◽️ 衛生設備工事・・・空調や排水管や給湯器などの衛生設備の設置交換&移設など。

◽️ 解体撤去作業・・・浴槽などの必要のない廃材部分を取り壊し、撤去や処分をします。

 

 

 

トイレのリフォーム工事の場合

cs3

 

○ 和式から洋式への変更・・・約2〜3日

○ ウォシュレットの取替&取付け・・・約1時間〜半日

 

主な工事内容

◽️ 内装工事・・・天井&壁面の塗装やクロスの張替え。フローリングの張替え。手摺の設置。収納棚や手洗い器の設置など。

◽️ 電気工事・・・電気配線の設備及び交換&変更。照明の設置など。

◽️ 衛生設備工事・・・空調や排水管や給湯器などの衛生設備の設置交換&移設など。

◽️ 解体撤去作業・・・必要のない廃材部分を取り壊し、撤去や処分をします。

 

94c7b1d70397c727b0c96c1595f3de73_l

 

リフォーム工事をしてくれる業者さんと契約を結んで最終プランニングも決まれば、次はいよいよ着工に向けての準備をしましょう!

お家の片付けや整理整頓などなど…やるべきことがたくさんあって大忙しかもしれませんが、着工前に最も重要なことを、うっかりと忘れてはいけません。

それは、ご近所の方々へあいさつまわりをすることです。

リフォーム工事中では、たくさんの業者さんが出入りすることで車や機材の音が鳴り響く可能性があります。

音だけでなく臭いやホコリも発生するので、特に洗濯物を干す際などでは迷惑になるかもしれません。

何も知らされずに工事が始まってしまえば、ご近所の方も突然の異変に驚き不快に感じるでしょうし、その後のご近所づきあいにも悪影響が及んだらそれは大変辛いですよね。

ですが事前にご近所の皆さまへしっかりとお知らせをすれば、トラブルも解消されます。

そこで今回は、ご近所の方々へあいさつまわりをする上での重要なポイントと注意点をご紹介したいと思います。

 

 

あいさつまわりの4つのポイント

1.  あいさつまわりの範囲について知ろう!

2.  伝える内容を確認しよう!

3. 手土産を決めよう!

4.  最適な時間帯にまわろう!

 

 

0fccd32fe997aa5e0249e73033ba4496_l

1.  あいさつまわりの範囲について知ろう!

ご近所の方々へあいさつをする範囲は、どこからどこまでかが分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

基本的には、自分の家を中心に囲むように隣接している左右に位置するお隣側の2軒、前に位置する向かい側の3軒、同じく後ろに位置する裏側の3軒、合計8軒になります。

また、大掛かりな規模の大きいリフォーム工事の場合は、さらに多くのご近所の方々へあいさつまわりをする場合もあります。

 

 

912c6990e9f163b729ecc37efc70e9cd_l

2.  伝える内容を確認しよう!

あいさつをする際に伝えることの必要事項は以下の点になります。

・リフォーム工事の内容について

・リフォーム工事の開始時期と着工・完成の日程について

・リフォーム工事で車が何台程入り、どの場所に停められるのかについて

・何かあった時の緊急連絡先について

上記の4点に加え、もしリフォーム工事であらかじめに騒音や臭い、ホコリが目立つ日にちと時間帯がはっきりわかっている場合は、そのことも伝えてあげましょう。

ご近所の方々にとってストレスも軽減されると思います。

 

 

a55579b38156b59ecf8464ea0c6b1a12_l

3. 手土産を決めよう!

あいさつ用の手土産の金額は500円から1,000円程度を目安にして買いましょう。

地域や好みによっても渡す手土産は異なりますが、一般的には菓子折りやタオル、洗剤、石鹸などが多く挙げられます。

リフォーム業者さんと別々の日程で渡すことになっている場合は、まったく同じものになって被ってしまわぬよう注意が必要です。

リフォーム業者さんと打ち合わせをして事前確認をとりましょう。

決まりではありませんが、『ご挨拶』と記入したのしをつける方が多いです。

 

 

2a567e905b037fff4dd3f26b1c4c9f8b_l

4.  最適な時間帯にまわろう!

まず、あいさつまわりはリフォーム工事が始まる1週間前までには伝え終わることがベストです。

平日でも構いませんが、できれば在宅の可能性が高い週末であればスムーズにまわれると思います。

そして、あいさつまわりに行く時間帯にも気を付けましょう。

食事時や入浴中になりうる時間は避け、午前中であれば11時くらい、午後からであれば14時〜18時くらいまでの時間をオススメします。

ご近所の方々に迷惑にならないよう時間を確認してからまわりましょう。

その時に、リフォーム業者さんと一緒にまわるパターンと、リフォーム業者さんとは別々の日時でまわるパターンがあります。

もしもリフォーム業者さんとは別々の日時でまわる場合は、できればリフォーム業者さんより先にあいさつまわりをすることをオススメします。

そしてあいさつの最後に「後からリフォーム業者さんが再度伺いますので、その時に気兼ねなくご要望や不明な点をご質問ください。」とひと言添えてあげることで、リフォーム業者さんが来た時に質問しやすくなり納得した上で安心して下さると思います。

 

365df2b620f03a427b27519df8037c11_l

 

どうしても直接会うことができない時や、ご近所の方が留守で会えずにリフォーム工事が1週間後に迫っている場合は、「2.  伝える内容を確認しよう!」にある内容を手紙に書いて郵便受けに入れておきましょう。

 

4503b0b6439bc63ae8f30f1533c0debf_s

 

最終見積りをとって正式契約を結ぼう!

リフォーム工事をしてくれる業者さんが決まれば、次は正式契約を結ぶために契約書を取り交わします。

ここで注意する点がいくつかあるのでご紹介したいと思います。

 

契約時に注意する3つのポイント

 

1.  金額欄を再度チェックしよう。

契約書に目を通す時に、最も重要視すべき欄は金額の詳細です。

金額が見積書と同じであるのかをまず確認してください。

打ち合わせで追加オプションや仕様変更などがあった場合は、口約束ですので、もしかしたらお互いに勘違いや解釈の違いで内容にもズレが生じて金額が見積書と違うケースもありますので注意が必要です。

また、「○○○一式」のように一括りにして1つ1つの金額の詳細が明らかでない場合もありますので、もしご不明な点があれば具体的にその場でしっかり確認をとって質問をしましょう。

リフォーム工事の規模によってもまちまちですが、可能であればその時に、契約書以外に図面や仕様書(設備や建材などの仕様カタログの1部分でも構いません)パース図の書類を揃えてもらうようにお願いするとわかりやすく詳細なども明確になります。

ちなみに、金額の支払い方については、着工開始前に2分の1の金額を支払い、完成後に残りの金額を支払う分割方法が一般的になります。

 

2.  工事期間をチェックしよう。

次に、工事の開始時期と着工・完成の日程、または引渡し予定日の日付の確認を行います。

ここで注意する点は、打ち合わせなどでご自身の希望した日付と同じであるかどうかを確認しましょう。

もしも空欄のままで提出してしまった場合、リフォーム業者さんの都合で完成日が決まってしまうケースがあり、トラブルになる恐れもあるでしょう。

日付に関しては雨などの天候の事情や大工さんがお休みする日もありますので、無理なく余裕を持った日程設定になります。

ですが、追加工事や想定外のトラブルなどが起こってしまった場合、リフォーム工事が延長されることもあります。

延長した時は、依頼業者さんにペナルティーや補償が発生するのかを事前にしっかり確認してください。

 

3. 契約約款(けいやくやっかん)は必ずよく読みましょう。

契約約款、または工事請負契約約款とは、契約書に表記できない詳細な約束事をあらかじめ作成したものでリフォーム工事についての重要な契約条項が記されています。

規模の小さいリフォーム工事に関しては契約約款がない場合もありますが、通常であれば契約書とセットになって渡されます。

実際に目を通してみると専門用語が多いことや字が細くぎっしりと書かれていて読みづらいと思うかもしれません。

上記の追加工事や想定外のトラブルなどで延長した場合や補償についても詳しく書かれていたりするので、不利になるような記載がないかをしっかりここで確認しておきましょう。

 

 

ece23223e8fb08f2320b3b5143dc23c5_s

リフォーム工事をしてくれる業者さんに相談しよう!

前回にご紹介しました準備編2での、リフォームをする場所と大体の予算設定が決まれば、次はリフォーム工事をしてくれる業者さんを探して相談しましょう。

お近くの地域にいらしゃる知り合いの方や、ご友人で信頼できる業者さんがいれば大変心強いと思います。

やはり、相談するにも安心感が1番ですよね♪

ですがもし、そういった方が周りにいない場合は、相談するにも一体どの業者さんに相談して最終的にお願いすればいいか迷ってしまうと思います。

そこで今回は、リフォーム工事をしてくれる業者さんを見極める判断基準になるポイントをご紹介したいと思います。

もちろんこちらに当てはまる業者さんが全てが 正しい訳ではありません。

あくまで参考として頂ければと思います。

 

 

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_m

4つの見極めポイント

 

1.  どんな些細な質問にも丁寧でわかりやすく答えてくれる。

建築専門用語や難しい言い回しでは、わかりずらいですよね。

1つ1つわかりやすく説明をしてくれれば、しっかりと納得した上で相談も進んでいきます。

また、もしも質問に対して答えられない場合でも、臨機応変にすぐに調べてくれる姿勢は的確で安心感があります。

 

2.  メリットだけでなくデメリットについても説明してくれる。

最新の便利な設備や快適性が高いプランにも、多かれ少なかれデメリットは存在します。

そのメリットとデメリットの両方を踏まえて検討しなければ、後で何か問題が発生した場合に後悔してしまうことも…。

デメリットを知っていれば、未然に防いだり問題を解決することもできます。

 

3.  リフォームの知識や実績が豊富である。

 

リフォームの知識や実績が豊富であればより安心して任せることができます。

これまで蓄積されたノウハウを生かし、ご要望に合わせて高い技術力で対応してくれます。

1級・2級建築士の資格を持っているプロの職人さんがいることも欠かせません。

さらに地域の方からの評判がよければ、 それはなおのこと、良いのではないかと思います。

 

4.  礼儀正しいマナーで親身になってくれる人柄。

言葉巧みなセールストークで契約をせかしてきたり、相手の気持ちを無視するような自己中心で一方的な方は好ましくありません。

会社の知名度やプランの内容もとても重要ですが、それ以前に、1度相談してくれる方の人柄や話し方、対応にも意識を向けてみてください。

しっかりとした言葉遣いでマナーを守り、誠心誠意にお客様の考えを読み取ろうと努力する方であれば、友好関係も築けますよね。

 

相見積りで比較検討する方法

いいなと思うリフォーム業者さんが1社以上あった場合、比較検討するために同じ条件で見積りをとってもらいましょう。

見積り依頼の数は、多ければ多いほどにそれだけ時間も労力もかかる上、1社1社にじっくりと検討することが困難になりますで3社ぐらいがベストだと思います。

その時に他のリフォーム業者さんが提示した金額を引き合いに、値引きを促したり、見返りを要求する行為はルール違反ですのご注意ください。

判断基準は値引き額を比較するのではなく、工事内容の詳細や金額に対してのサービス内容などの違いを総合的に比較検討することをオススメします。

見積書に不明な点があった場合は、その都度質問をして1つ1つ自身が納得するまで確認しましょう。

2175e9675fc8093ab604ead8c4785a5d_s

リフォームをする場所を明確にして予算設定をしよう!

前回にご紹介しました準備編1での、理想の住まいについてイメージが固まってきたのなら、次はその内容に優先順位を付け、最終的にリフォームをする場所を明確に決めていきましょう。

優先順位は、予算オーバーの問題で金額調整が必要な場合に、何を優先すべきかをすぐに把握することができます。

優先順位の基準は、家族が最も強くリフォームを希望している箇所であったり、故障のトラブルや老朽化が進み早急に処置しなければならない箇所を最優先にしていきましょう。

 

リフォームに適した時期の目安はこちらをご参考ください。

 

項目

 

優先順位をノートにリストアップしたら次に行うことは予算の設定です。

リフォームにどこまでの予算をかけれるかの上限金額を設定し、できればあらかじめリフォームを終えたい時期も決めておくといいでしょう。

上限金額を設定することで、予算オーバーしないように予算内で割り振り調整ができます。

また、リフォームを終えたい時期を決めることで、家族の都合も把握できるので、その予定に合わせて行動することができます。

 

リフォームにかかる金額の目安は築年数やお家の各箇所の状態によって変動します。

1度リフォーム会社さんに相談をして見積もりをとって貰うことで、予算内でどこまでリフォームしていくのか決めていきましょう。

 

CSホームズでは、リフォームでお悩みの方に、おひとりおひとりにあった最適なプランやアドバイスをいたしております。是非、お気軽にご相談ください!

※施工事例へ

61e1f4ff4295ca45350c1423181eb41c_s

 

「そろそろリフォームのことを考えないと…。」「でも、どこで頼んだらいいのかわからない…。」「まず何から始めればいいんだろう?」

 

いざ、お家のリフォームについて考えても中々スムーズに進んでいかないのものです。

それはきっと選択肢が多いことや、そもそもリフォームの経験がないことで上手く考えがまとまらないのかもしれません。

そこで今回はリフォームの準備の段階から完成までの流れについてご紹介したいと思います。

 

何よりもまずは準備することが大切です。そこから始めて行きましょう!

 

家族で話し合い、みんなのイメージを固めていこう!

c5cdabeb2decf660172ef422f9e80afc_m

 

・家族と理想の住まいについて話し合う

・雑誌やインターネットで好みの住宅情報をピックアップ

・今までの暮らしてきたお家で不便に感じたことを振り返る

・ノートに書き込みリストアップ

・気になるお家を実際に目で見て確かめる

 

これから始まる新しい暮らしを、家族みんなでどのように楽しむかは1番大切なことです。

それをテーマに、1人1人が望んでいる理想の住まいは何かを話し合いましょう。

それぞれの意見を一緒に分かち合うことで、目指す方向性も定まっていきます。

その時に、住宅雑誌やインテリア雑誌、インターネットの住宅情報、お家に関するインスタグラムの写真などを参考資料にするのもいいと思います。

しかし、現実不可能な突拍子もない意見になったり、好みの違いで意見が全く合わなければイメージも固まらず、足踏み状態が続いてしまうかもしれません。

 

そのような時は、今までの暮らしてきたお家の中で不満に思っていたところに目を向けていきましょう。

例えば、「リビングは日当たりが悪かった。」「トイレは古くて使い勝手が悪かった。」「冬場は断熱性がなく部屋がいつも寒かった。」「壁が薄いのか会話が筒抜けで…。」「洋服やかばんの収納スペースが狭くて置く場所に困り大変だった。」…etc.

むしろこちらのテーマの方が体験談や失敗談も交えて話せるので、話し合いも弾むと思います。

こういった機会に振り返ることで、良かったことも悪かったことも全ては良い思い出になってしまうのも不思議ですよね。

 

そして、家族の理想の住まいについてや、今までのお家で不満に思っていたことをノートにしっかりメモしておくと、再確認でもう1度見直すことができるので便利です。

その中にアイディアや改善策も書き込んでいきましょう。

ノートには、家族の想いがいっぱい詰まっていきます♪

 

最後にもう1つオススメしたいことは、気になるお家を実際に見学をすることです。

それがご友人や知り合いの方のお家でも構いません。

もちろん各住宅メーカーさんが随時開催している展示会・見学会でも構いません。

先ほどの体験談や失敗談のように、自分の目で見て感じることのできる実体験はどんな情報よりも具体性があり、確固とした判断基準になってくれるでしょう。

 

CSホームズでは、随時イベントやお家の見学会を開催しておりますので、ぜひお時間がありましたらお気軽にお問い合わせください。

※施工事例へ

 

最近よく聞くようになった「リノベーション」という言葉。

「リフォームとリノベーションって何が違うの?」

という疑問を持たれている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで「リフォーム」と「リノベーション」の違いについてご紹介します。

リフォームとは?

リフォームとは古くなったお家・アパート・マンションを新築に近い状態に戻すことを言います。

原状回復するということです。

「汚れているクロスを張り替える」

「古くなったトイレを新しいものに変える」

「キッチンが壊れたので新しいものに変える」

など使い古されたものをゼロの状態のものに戻すようなイメージのことを指します。

リノベーションとは?

リノベーションは、現在の家・アパート・マンションなどの建物を大規模に工事をし、原状回復以上に付加価値をつけること言います。

「壁を一部壊して間取りを変更する」

「老朽化した柱により強い耐震金具を設置する」

「クロスの壁をコンクリートの打ちっ放しのようなデザインにする」

など耐久性や耐震性だけではなくデザイン・生活動線、なども向上することが可能です。

家族の増減などにも幅広く対応できることが魅力です。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの大きな違いは

リフォーム「原状回復(マイナスのものをゼロに戻す)」

リノベーション「新築の時以上の性能・間取り・デザイン性にする(マイナスのものをプラスにする」

ということだと思います。

 

もちろん、新築以上の性能にするリノベーションの方が工事は大規模になります。

老朽化した物件をリノベーション目的で購入するという流れが流行っているのも

ご家族のライフスタイルやこだわりに合わせた家が新築よりもお値打ち(※)にできるからなのです。

※仕様・立地条件によります。